2018/08/31

『Spectator』42号


『Spectator』42号が届きました。
今号の特集は「新しい食堂」。食事を提供する側、される側の関係性が大きく変わりつつある最中での刊行、じつにお見事だと思います。〈ウナカメ〉、〈田餃子〉、〈マリデリ〉、〈なぎ食堂〉。ここで、取り上げられた4店舗の主人、従業員は日々なにを考えていて、どうやって場の均衡を保っているのか。気になっている人も多いのでは。読み手にやさしいニュー・フード・ジャーナリズム。お気軽にお試しください。

販売価格は1080円(税込)。あわせて、バックナンバーも補充しました。

***

スペクテイター42号
発売/2018年8月31日
定価/1000円+税
発行/有限会社エディトリアル・デパートメント

特集:新しい食堂
昭和の時代に開業した大衆食堂が時代の移り変わりとともにその数を減らすいっぽうで、独自の味やサービスを提供する「新しい食堂」が増えています。地域の人たちに愛される食堂はどのようにして生まれ、運営されているのか? 都内で人気の4軒の食堂の店主に、じっくり話をうかがいました。
旨い、安い、早いだけじゃあダメだ。いつも変わらぬ美味しいメニューで心とカラダを満たしてくれる「新しい食堂」が、ぼくらには必要なんだ!

◆ 食堂は人なり 
撮影/安彦幸枝  画/TACT SATO
《ウナカメ》丸山伊太朗
「ブリコルールの場所」構成と文/東良美季
《按田餃子》鈴木陽介&按田優子
「ふつうの味が あたらしい」構成と文/青野利光(本誌)
《マリデリ》前田まり子
「ブッダボウルは"自由"の味がする。」構成と文/北尾修一
《なぎ食堂》小田晶房
「当たり前のようで、特別な店の在り方」構成と文/赤田祐一(本誌)
◆「かわらばんくんと読む 食堂早わかり画報」
構成と文/編集部 作画/三好吾一
◆漫画「食堂幸福論」
構成と画/物干竿之介
◆「食堂開業心得帖 D.I.Y.と" はったり"の店づくりハウツー」
文/いとうやすよ(ヴィーガンカフェバー Loca ★ Kitchen 店主)イラスト/菅野公平 撮影/伊藤和
◆「結局、食堂って何?」
文/遠藤哲夫 画/東陽片岡
◆「ブックガイド もっと食堂を知るための本」
構成・文/編集部

2018/08/26

矢吹純 個展「なにも聞かないで」−終了しました!−


矢吹純 個展「なにも聞かないで」
会期 2018年8月4日〜19日※会期延長! 26日まで!
会場 PEOPLE BOOKSTORE (つくば市天久保3-21-3 星谷ビル 1−E)

2018/08/25

PEOPLE BOOKSTOREの夏休み


PEOPLE BOOKSTOREの夏休み。
明後日27日から30日までの4日間、店を休みます。31日からは通常営業です。
その間、メールの返信など遅れることもございます。予めご了承ください。

矢吹純個展「なにも聞かないで」の会期はいよいよ明日まで。お暇でしたら是非、お運びください。

2018/08/24

『沖縄はレコの島』


円盤のレコブック『沖縄はレコの島』が届きました。
同シリーズの執筆から製作までを手がける田口史人さんが、最低でも年に一度は足を運ぶという沖縄のレコード店(古道具店やリサイクルショップも)をまわり、集めてきた膨大な数のレコードの溝一つ一つに耳を傾けてきたからこそ、ものせた力作。レコード文化人類学とでも呼ぶべき作業の軌跡をご堪能ください。

販売価格は864円(税込)。レコブック各種、在庫ございます。

2018/08/22

RESORT


誰かに頼まれたわけでなく、明確な見返りを約束をされてもいない。
でも、せっかくつくるのなら、いいものを。何なら製作に関わる自分たちが楽しみたい。作業工程、完成後に手渡すところまで面白くなくっちゃ意味がない。たぶん、そういう人たちなんだと思います。足立区千住のトロピカル・クルー「2YAMADA3TARO」(2Y3T)の新作コンピレーションを頂きました。

毎度恒例のカリブのラウンジ、エキゾ感にリゾートの風も吹かせた本作はこれまでになくオン・タイムな選曲に。曲がすすむうちに「そもそも何を聴いてたんだっけ?」と何度か確かめてしまいました。自主的に生まれる制作物が豊かであるって素晴らしい。こういう仕事に出会えるのってそう多くはないと思います。

2Y3Tの次回宴はたぶん秋。会場はもちろん〈CURRY BAR GAKU〉ですよ。

2018/08/21

『2018』


個々の暮らしには、評価が存在しないので、確約された術もない。
けれど、どこの土地にいても遺され、継がれ、今も生きている言葉や行為は当たり前のようにある。日々の習慣に不安を覚えたとき、それらは適温の水となり心身へ染みわたり。これからの術を得る資料となる。

小川さくら『2018』が届きました。
前作『5と6』に続き、今作もCD-Rで「せい」、「裸の島」、「いる」の3曲を収録。歌詞とまえがきのような短文をおさめた紙で包んだ仕様も変わりません。ただ、音と言葉の振り幅は増してます(いま、ここまで読ませる詩を書く人はそう多くはないのでは)。包み紙にきざまれた歌詞を追いながら聴くと、より楽しめると思います。

販売価格は300円(税込)。『5と6』もわずかですが在庫しています。

2018/08/19

曽我大穂solo 旅の途中で/en medio del viaje −終了しました!−


"en medio del viaje"

「久しぶりに、大穂さんを迎えます。」

会場:
千年一日珈琲焙煎所
茨城県つくば市天久保3-21-3星谷ビル1-F/G
http://1001coffee.jugem.jp/

出演:
曽我大穂(CINEMA dub MONKS,仕立て屋のサーカス)

日時:
8月19日 (日曜)
18時開場/18時半開演

料金:
2000円(ご予約)/2300円(当日)
1000円(学生)※18歳以下無料(要予約)

E-mailでのご予約 :  mojomojo.people@gmail.com(担当:植田)
件名を「8/19 大穂ソロ」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前・ご予約人数(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

企画:
PEOPLE BOOKSTORE × 千年一日珈琲焙煎所

***

写真:三好佑介

曽我大穂
音楽家、多楽器奏者。映像などを使い1本の映画のような物語性の高いライヴを展開し続けるグループ ” CINEMA dub MONKS ” を主宰。 その他、ハナレグミ・二階堂和美・原田郁子・持田香織・グッドラックヘイワ、他数多くのミュージシャンのレコーディングやライブサポートメンバーとしても知られる。小説家「 いしいしんじ 」とのセッション、コンテンポラリーダンス、演劇、短編映画等、様々な分野の音楽や演奏を手掛け、国内最高峰のCMコンクールといわれる「ACC CM FESTIVAL」においてACCシルバー賞を獲得したCM『Here,my Life』の音楽を担当するなど、多くのTV-CM音楽の演奏/制作に参加。これまでに CINEMA dub MONKSとして、3枚のCDアルバムと1枚のアナログ盤をリリース。1stアルバム「 TRES 」は英国BBCによる "Worldwide Track Of The Year " にノミネートされ国内外で注目を集めた。

2018/08/18

『わたしを空腹にしないほうがいい(改訂版)』


ワードに向かってキーボードを打つと、胸が高鳴る。ガスコンロに火をつけると、こころもめらめら燃える。指を動かすごとに、菜箸を動かすごとに、自分自身が救われていく。

くどうれいん『わたしを空腹にしないほうがいい(改訂版)』が届きました。
盛岡市在住のわかき歌人、くどうれいんが自費出版した同名作に二本の対談を加えた増補改訂版。詳細を把握しないまま頼んでみたのですが、ぱらっとページをめくってみれば、なるほど。なっとく。小気味好い文体と潔い言葉えらびに心が弾むような気がします。文庫サイズの小さな本ですが、味はしっかりついていますよ。

販売価格は1000円(税込)。盛岡の書店〈BOOK NERD〉からの刊行。

2018/08/17

『木崎音頭』

アートワーク:高木紳助(soi48)

木崎音頭保存会/クラーク内藤『木崎音頭』が届きました。
画像のアートワークの通り、これはただ事ではない音源です。一聴では「はて?」となる方もいるかと思いますが、自前の解釈をぐっと堪えてリピート&リピートをおすすめします(できるなら大きな音で)。ヒヤッとする程クールなクラーク内藤謹製版もあわせてぐっと飲み干してみれば、あたらしい音世界が見えるかもしれません。

販売価格は2484円(税込)。アナログ版は今月末に届く予定です。

***

俚謡山脈監修の民謡シリーズ第三弾、今度は群馬だ!異常なブースト低音と歪んだ木霊が渦を巻くヘヴィーウェイト盆踊り決定版「木崎音頭」を、現地保存会のオリジナル版と当世TRAP版の新旧ダブルでリリース。これで貴方の民謡観が覆る!?

今回我々は木崎音頭保存会の協力の下、盆踊りの夜の喧騒を閉じ込めた昭和55年と56年の現地録音版をリマスターして収録。そこに新しい試みとしてクラーク内藤による新録の木崎音頭を併せて収録した。ガレージ・パンクをサンプリングしたトラックでラップし、ゴルジェ界隈でも活動するMC/トラックメイカーのクラーク内藤は、ボ・ディドリーとベース・ミュージックを「3分間のR&R」というタームで接続するセンスの持ち主。俚謡山脈×クラーク内藤の共同作業は当世風のトラップ・ビートにスウィートなシンセを添えた現代版の木崎音頭を生み出した。これは俚謡山脈がSoi48のパーティーで行っている「民謡をターンテーブルに乗せて爆音で鳴らす」という行為の延長でもあり「新しい民謡の楽しみ方」の提案だ。単にカッコいい音楽としてお楽しみ頂きたい。

今回も俚謡山脈の解説は資料価値大です!

2018/08/16

サマーパーティーの模様




*
先週のサマーパーティーの写真を西恵里さんが送ってくれました。
途中から酔いがまわり自分の記憶はあいまいですが、来てくださった方はおおむね良い時間を過ごしてくれたのではと思っています。年に一回、こういう場づくりをしていきたいね〜と懲りない主催者連中で話しているので、来年もきっとやります。また、遊びに来てくれたら嬉しいです。

*
サマーパーティー特製Tシャツ、わずかですが在庫あります。のこるサイズはSかMですが、2色ともに2500円で販売中。もちろん通販もできますので、お気軽にお問い合わせください。けっこういい仕上がりです。

*
写真の完全版は近いうちに佐藤拓人のブログに上げてもらいます。お楽しみに。
※8/16追記:さっそく上げてくれました!http://tactsan.blog65.fc2.com/blog-entry-520.html

2018/08/15

Today’s YouTube #248


『Sun and Rain』Release Tour!

写真:三田村亮

今年もYossy little noise weaverがつくばにやってきます。
小池龍平さんとのJobim nightを含めれば、5回目、いや6回目になるのでしょうか。Yossy little noise weaverの公演はもはや年中行事。とは言え、毎度極上の音色を聴かせてくれるので、飽きることはありません。耳がよろこぶ音の連なり、身体にやさしい揺らぎ、歌声どれもがクセになるんです。この機会に是非、ご体験頂きたいと思います。

ただ今ご予約受付中! PEOPLE BOOKSTORE植田まで、お気軽にお問い合わせください。

***


「Yossy little noise weaver 『Sun and Rain』Release tour」

・日付:10月14日(日)
・会場:千年一日珈琲焙煎所
・開場/ 開演… 18:00/18:30
・料金… 予約/当日 ¥2,500/¥ 2,800
・住所… 茨城県つくば市天久保3-21-3 星谷ビル1-F/G
・予約… mojomojo.people@gmail.com(担当:植田)

E-mailでのご予約 :
件名を「 10/14リトルノイズ」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。


2018/08/14

Art,Beat,Community

写真:矢吹純

矢吹純個展「なにも聞かないで」も開催2週目となりました。
訪れるお客さんのなかには、絵を展示していることに気がつかない人もいます。それは矢吹くんの作品と店の雰囲気にズレがないってわけだから悪いことではないかなーと思ったりしますが、せっかくなのでじっくり見ていってほしいです。そして、作品集『NOTHING』を手にとって頂ければ、なお嬉しい。収録作品の原画も貼ってあるので、探してみるのも楽しいですよ。

矢吹くん、たった今黒磯で開催中の「Art,Beat,Community」にも参加しているそうです。〈1988 cafe shozo〉はじめ近隣の複数店舗で同時におこなうアートイベントのなかで、〈Nordfeld〉というお店に絵を飾っているとのこと。16日までの会期ですので、近郊にお出かけの際はお見逃しなく。

2018/08/13

今週のお知らせ。

写真:野田昌志

お盆の連休まっただ中。遠くで雷が轟いておりますが、今日も開店しています。
本日13日(月)は、これから20時までの営業。明日14日(火)以降は通常営業。15時に開けて、21時に閉めます。帰省のついで、お暇でしたら是非お運びください。

19日(日)には曽我大穂ソロ公演「旅の途中で」がございます。ご予約、お問い合わせはお気軽に。

2018/08/12

HOME MADE SUMMER PARTY −終了しました!−

Illustration: tactsato 

" SUMMER PARTY,AGAIN! "

「今年もやるよ! サマーパーティー!

会場:
Bar DISCOS
茨城県つくば市天久保1-5-4くいだおれ2号館1F
https://twitter.com/Bar_DISCOS

出演:
やけのはら
サモハンキンポー
ロブ・キドニー(WISH LESS)
tactsato(HOME MADE RADIO CLUB)
COSCO
河合浩

出店:
飯島商店(中古CDなど)
つくばねファーム(かき氷)
BAR DISCOS(食べもの、飲みもの)
HOME MADE SUMMER STORE(Tシャツ)
and more!?

日時:
8月12日 (日曜)
16時開場/開演(23時終演予定) 

料金:
無料(投げ銭、カンパ大歓迎!)

企画:
PEOPLE BOOKSTORE × HOME MADE RADIO CLUB

協力:
BAR DISCOS

2018/08/11

『アルテリ』六号


熊本の文芸誌『アルテリ』六号が届きました。
今号は2月10日に逝去した石牟礼道子さんの追悼号。故人に縁のあった評論家、写真家、作家、編集者、詩人、パート、新聞記者、私人、個人店主がそれぞれの思い、記憶を言葉に置き換えています。しずかに、されど、たしかに。ここにある文章の数々は、この時代の速度にも消費されない力があると思います。

販売価格は1080円(税込)バックナンバー三、四、五号も在庫しています。

横山雄「ホノアカリ」


賢治には恋人がいたーー! 知られざるラブ・ストーリーを作品と証言から読み解く異色の文芸エッセイ『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ著、夕書房)。本の中で、恋のきらめきと葛藤を見事に表現しているのが、横山雄による挿絵の数々です。賢治の謎が随所に散りばめられた繊細で美しい絵の世界を、どうぞお楽しみください。
本の原画に加え、描き下ろしの新作も多数展示販売予定です。

横山雄「ホノアカリ 『新版 宮沢賢治 愛のうた』刊行記念」
会期 2018年9月6日〜23日※17日(月)は臨時休業
会場 千年一日珈琲焙煎所(つくば市天久保3−21−3星谷ビル1−E)
企画    夕書房

2018/08/10

「Chopping wood,and everything happening around the world. 」


舞木和哉×木佐美有「Chopping wood,and everything happening around the world.」
会期 2018年8月11日〜24日
会場 BOOK NERD(盛岡市紺屋町6−27)

2018/08/09

Today’s YouTube #247


今回、前回と違い、DJが多いのは、音楽を楽しんでもらいたいという気持ちは勿論あるんですけど、それ以上に、夏の暑い日に、DJの音楽をBGMに、ビールを飲んだり、お喋りしたり、飯をたべながら、ぼーっしたりしませんかというのが、植田さんとぼくの今年の目論みです。ほんとにラフにやるって感じです。
http://tactsan.blog65.fc2.com/blog-entry-517.html

2018/08/07

『78:58 way of love』


過去にも『High Psy』『Country Of Origin:Japan』『From 浮島$treet$』といった傑作ミックスを提供してきたレーベルSMRからのニュー・ミックスは、自身が運営する那覇の酔処『がらむ』のサウンドトラックをコンセプトに作られた、光がらむ名義でのリリース。

DJ光こと光がらむのMix−CD『78:58 way of love』が届きました。
本人が営む沖縄・那覇の酔処〈がらむ〉のサウンドトラックとして制作された本作は、メロウかつグルーヴィン。彼の地の夕方から夜、海風に吹かれながら聴けたら最高だろうと思います。そして、なぜ当店でこの音源を大プッシュするのかと問うならば、ジャケットのイラストを矢吹純が手がけたから! と応えます。裏ジャケも良い仕上がりですので、お見逃しなく。

販売価格は1890円(税込)。この夏のドライブのお供におすすめします。

***

浮島の風景からインスパイアされたヒップホップ・ミックス『From 浮島$treet$』の続編とも捉えられる作品で、バレアリック的な要素こそ希薄ですが、彼らしいトロピカル&ビーチなムードは健在。沖縄のメインストリートである国道58号線を指すと思われるタイトルの通り、サンセット~ナイトタイムのドライヴ・シチュエーションにもピッタリな、レイドバックからパーティー感を帯びてスムースに盛り上がっていく展開。ヒップホップ目線のDJによるそれとは異なる、Hikaru節のメロウなセレクトとミックスを堪能ください!
ジャケット・デザインは、Hole and HollandのMamazuが担当し、イラストはSMRからリリースされたperfect yasai pluckの7インチのイラストも手掛けた新進気鋭のイラストレーター矢吹純が『がらむ』を描いたものになっています。

2018/08/06

なにも聞かないで、夏。




“設営完了しました。
26日までです。
ピース” from Jun yabuki 

https://himynameisjun.tumblr.com/

2018/08/05

友部正人 LIVE −終了しました!−

Illustration:Jun Yabuki

" On A Summer’s Day."

「友部正人さんがやってきます。

会場:
つくば食堂 花
茨城県つくば市上野700-5
http://www.tsukuba-hana.net/

出演:

日時:
8月5日 (日曜)
17時開場/18時開演 

料金:
前売:3500円 
E-mailでのご予約 : info@tsukuba-hana.net
件名を「 8/5友部正人」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
 • お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

企画:
つくば食堂 花

協力:
PEOPLE BOOKSTORE × BAR DISCOS

***



1950年5月25日生まれ、東京都出身のフォーク・シンガー/詩人。 66年、高校1年の時にボブ・ディランを聴いて自作の歌を歌い始める。
72年に「大阪へやってきた」でレコード・デビュー。
77年、初めての詩集『おっとせいは中央線に乗って』を出版。
切れ味鋭いユニークな歌詞とギターのうまさで人気を集める。
以降、各地でコンサートを開き、“日本の吟遊詩人”と称される。 音楽活動とエッセイ、詩集、絵本などの執筆業を中心に、 長きに渡って人気を博す。 
2010年には三宅伸治とライヴ・アルバム 『ロックンロール、やってます』を制作。
2013年、アルバム『ぼくの田舎』をリリース。
2016年、アルバム『ブルックリンからの帰り道』をリリース。
パンとビールとコーヒーが好きで、歌詞にたびたび出てくる。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hanao/


2018/08/04

「なにも聞かないで」



矢吹純個展「なにも聞かないで」は今日4日から26日まで。
尚、期間中の展示作品の販売はありません。購入できるのは作品集『NOTHING』のみ。

2018/08/02

『音楽のまわり』


「音楽以外のことを音楽家に書いてもらう」ことで
その素顔や新たな一面、その人から広がる世界を感じてほしい。
人間て面白いな、世界って広いな、と再確認してほしい。
そのためのエッセイ集です。

音楽家のエッセイ集『音楽のまわり』が届きました。
本書を編集したのは寺尾紗穂。ご本人が歌い手であり書き手でもある、寺尾さん独自の立ち位置を活かして生まれた一冊です。白くて小さい、上品な風体ですが語られる話は十人十色。デザイン・構成ともに、いい間、ちょうど良い空白を設けてあるので読み手それぞれのリズムで楽しめると思います。

販売価格は1944円(税込)。寺尾さんによる簡潔な人物スケッチが、良い味です。

天野裕氏「鋭漂」


天野裕氏「鋭漂」
観覧料  1000円(一冊)
会期 2018年8月1日(水) −30日(木)
会場 Kanzan Gallery(東京都千代田区東神田1−3−4KTビル2F)

2018/08/01

HOME MADE SUMMER PARTY特製Tシャツ




さあ来たぞ、8月。これからが夏本番でしょう。
再来週の日曜日、12日に開催する「HOME MADE SUMMER PARTY」。その日、会場の〈BAR DISCOS〉で販売するTシャツを紹介します。今年のテーマは「マイルド・ハイ」。そのお題に導かれた配色で、ホワイト×グリーンとナチュラル×バーガンディの2種類を用意しました。サマーパーティーらしく珍妙かつ愛らしいものができたかなーっと思っていますが、いかがでしょう。

販売価格は2500円(税込)。ボディはプリントスターで、S,M,L,XLの4サイズございます。

『ウワサ湖』


E.S.V『ウワサ湖』が届きました。
彼らのユニット名は、エンドレス・サマー・ヴァケイションの頭文字。そりゃあ、夏に新譜が出ますよね。こんだけ暑けりゃダラダラしたいよねーって時にあると嬉しい、5曲入りのEP。まるで7インチのような風体ですが、CD-Rです。この画期的なパッケージに拍手。握手。よくつくってます。

販売価格は1080円(税込)。あわせて、作夏のヒット作『ぬけ道』も再入荷しました!