2019/05/31

Say,Hello! Tote!


Artwork:tactsato

トートバッグもセイ、ハロー!
Tシャツに合わせてトートバッグも作ってみました。サクッと使えるかわいいサイズ。ガシガシ使う主役バッグの二番手として、ちょっとした買い物や図書館に行くときなんかにあると便利だと思います。LP2〜5枚入れるのにもちょうど良いかな。

販売価格は1500円(税込)。明るめの紺と黒の2色展開です。

※通販も可能です! トートバッグ×1+Tシャツ×1までは送料360円です。それ以上になると510円。

Say,Hello! Green!

Artwork:tactsato

今年は緑でセイ、ハロー! 昨年生まれたTシャツに新色が加わりました。
やっぱり夏はぐぐ〜っと暑くなりそう。せめて気分だけでも軽やかに、楽しくいこうじゃないかとあらたに作ってみたのですが、これが何ともいい感じ。ハッキリ言いますが、サンプル画像よりも実物の方がずっといい!  イインダヨ! ボディはプリントスター、サイズはS,M,L,XLの4つ。大きくなるほど少数生産なので、大きめをご希望の方はお早めにご購入ください。

販売価格は2500円(税込)。白、杢グレー、黄色の定番色も再生産しましたよ。

2019/05/30

ここ最近の入荷から、いくつか。


数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

ここ最近の入荷から、いくつか。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/29

「PIT BAR 5th Anniversary GIG」


「PIT BAR 5th Anniversary GIG」
日時 2019年6月21(金)19時開場/20時開演
料金    1500円(前売)/2000円(当日)
出演    YOUNG FOREVER,RUSHING AGE,EXISTENCE WITHOUT CAUSE,butyl,NOT IT?YEAH!
会場    PIT BAR(東京都杉並区西荻南3-14-10 フロントビルB1F)

2019/05/28

ここ最近の入荷から、1冊。





※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

ここ最近の入荷から、2冊。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/26

『なnD』7


リトルマガジン『なnD』(なんど)、7号が届きました。
前々号からの判型、記事フォーマットを踏襲しつつ厚さは倍に! ページ数も過去最大になっています。取材対象、人選もさすがの鋭さで、質・量ともに圧倒的な完成度。「今、この人の話がききたかった!」という方々がずらりと並ぶ目次を見るだけで、楽しめます。

販売価格は900円(税込)。正式には明日、27日(月)が発売日ですが一日早く売りはじめます。

***

EUNICE LUK > │(無題)
米山菜津子 > │未来で思い出す
鬼頭祈 > │Rat
西山敦子+近代ナリコ│引き裂かれるような葛藤を抱えて ケイト・ザンブレノ『ヒロインズ』(C.I.P. Books)をめぐって
阿部純(AIR zine編集室)│尾道の街の本屋に私たちの選書棚をつくったら
竹田和也(ニュートレド)│音楽の密輸
迫川尚子 > │新宿 1996/2019
秋山伸(edition.nord)│作ることと地域性
堤あやこ(poncotan w&g)│雪景色、春の光
SHOKKI > │雪を見る
菅野信介(Hand Saw Press / アマラブ)+安藤僚子(Hand Saw Press / デザインムジカ)│自分のチラシ
森山裕之(スタンド・ブックス)│尊敬する編集者が亡くなった
モノ・ホーミー│「貝がら千話」より
大城壮平(VOSTOK)+高山かおり(Magazine isn’t dead.)│雑誌であることの可能性
宮田文久(DISCO)│途中経過しかわからないのだけど
島田潤一郎(夏葉社)│ぼくが「岬書店」を始める理由
三澤慶子│働き盛りの夫が脳で倒れたら!?(夫が脳で倒れたら
得地直美 > │『かじやのフライパン』より
平民金子 > │「イニエスタ」みたいなところにいる
奥村千織(1003)│岡本太郎に背中を押されて
和久田善彦│人にやさしく―平民金子展を終えて
温泉津醒│トージ発行記
木村彩子 > +二宮大輔(fischiff KÜCHE)│いろいろある
冨井大裕 > │モノクロで見えてくるもの
古川日出男 > │演じることで分かること
北村恵(ワワフラミンゴ)/田中耕太郎(しゃしくえ)│画廊劇に出演して
近藤恵介 > │まずは記録のために。そして、次に描かれる絵のために。
行貝チヱ > │旅から旅へ
川村麻純 > │パウエルズ・シティ・オブ・ブックスのこと
木下眞穂│ガルヴェイアス 〜記憶と土地〜
山本アマネ > │最愛の作家と翻訳者たちへ綴るコラージュ 
森川晃輔│迷宮を彷徨う 
グラスパーゆきこ│テニスファンとウィンブルドン 
キデンセン > │「悪いセックス」を巡る談義 
浜崎伸二(トラスムンド)│横につながるとっかかり 
土居伸彰 > │ビックフォードは永遠に繁茂する
三宅唱│山口に住んで手に入れたパースペクティブ
七里圭 > │劇映画とは
ライフ > │“ライフ”という活動のこと
青羊(けもの) > +佐々木誠 > │台湾で追い求めた「ただの夏」
いぬのせなか座 > │来るべき者たちへ向けて
Gary Ieong│「White Noise Records」で考える音楽と仕事と香港のこと
小林英治│インスタ日記6
テンギョウ・クラ > │“The Boy And His Kite”
三品輝起(FALL)│彫刻と占い
五所純子│Day with Kazue Kobata

編集:森田真規(なんとなく、クリティック)、戸塚泰雄(nu)、小林英治(DU
デザイン:nu
表紙:五所純子「ツンベルギアの揮発する夜」より

ここ最近の入荷から、1冊。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/25

『ミツザワ通信』鬼天春号


高円寺〈円盤〉発行の季刊誌『ミツザワ通信』鬼天春号が届きました。
店主の田口史人さんによる連載は定番「枕元レコード」に「店の名はイズコ」(思わぬ復活! 嬉しいです)も加わり大充実。書き手それぞれに入魂の紙片がたくさん入っておりますが、その中で特に印象残ったのは、よしぎのさんの「3月11日になると」です。仙台で被災したご自身や周辺の状況、店を閉じたいきさつ、感慨を淡々と語っていて偏見なく読めました。

販売価格は1000円(税込)。バックナンバーもちらほら在庫しています。

「瑪瑙の汗」


独自のスタイルをつらぬく2人の絵描きによる共演。 色と線は混じりあい、世界は溶けて、美しい。

河合浩/鈴木いづみ「瑪瑙(めのう)の汗」
会期 2019年6月1(土)−6月13日(木)※金曜定休
会場    SUNNY BOY BOOKS(東京都目黒区鷹番2−14−15)

ここ最近の入荷から、1冊。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/24

ここ最近の入荷から、2冊。


※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/23

『漱石全集を買った日』


山本善行×清水裕也『漱石全集を買った日』が届きました。
京都銀閣寺ちかくで古書店〈善行堂〉を営む山本さんとお店のお客さん、清水さんとの対話を収録した一冊。「古本病」にかかった人なら本編が始まる前の見開き24ページに渡る清水さんの本棚のグラビア、ここに写る背表紙を追うだけで楽しめるはず。お二人のおしゃべりに付く注釈も親切なので、軽快に読み進められます。

販売価格は1404円(税込)。表紙の紙質、手に取りやすい判型、軽さもちょうど良い。やさしく背を押す読書案内。おすすめです。

『Big fish』


王舟『Big fish』が届きました。
2016年の『PICTURE』からバイオマンとの共作『Villa Tereze』を挟んでの、実に3年ぶりの三作目。英語詞と日本語詞、漢字とひらがなの質感が入り交ざった独特の耳ざわり。間違いなく現代、2019年の音世界なのだけれど既に知っている名盤、名曲のような佇まいの11曲。聴くたびに発見があるような気がします。

販売価格は2700円(税込)。タイトルの由来はティム・バートン監督の同名作品とのこと。

***



前作アルバム『PICTURE』発表後、MOCKY によるリミックスを収録した 7 インチシングル「Moebius」、イタリア録音となった BIOMAN(neco 眠る)との共作インストアルバム「Villa Tereze」、CM 音楽提供など様々な活動をおこなってきた王舟。
5 月 22 日、ついに 3 年ぶりとなるオリジナルアルバム『big fish』をリリースします。
昨年リリースの両 A 面 7 インチシングル「don’t hurt pride / Muzhhik」で描かれた、ウェルメイドなソング・ライティングとアレンジ、そして先鋭的な音作りが更に深化。瑞々しさと円熟、アコースティックとエレクトロニクス、アナログとデジタルを美しく溶け合わせるような、王舟流ポップスの精髄ともいえる作品が完成しました。


ここ最近の入荷から、いくつか。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/22

『Didion』02


個人の風景を編むリトルプレス『Didion』2号が届きました。
待ちに待った最新号の特集は「落語の友達」。単に「落語」や「友達」ではなく「落語の友達」です。編集・発行人の九龍ジョー氏いわく「本誌に登場する「友達」はさまざまです。落語会に同行する友達もあれば、落語自体が友達というケースもあります。落語には関係ないけど落語っぽい友達、なんていうのもあります」。雑じり気のある落語特集をお楽しみください。

販売価格は972円(税込)。味のある表紙イラストを手がけたのは、オオヤヨシツグ。

***

特集:落語の友達

【インタビュー】MC.sirafu、川本真琴、高田漣、田中貴、豊田道倫、直枝政広、向井秀徳、山本精一
【エッセイ】木村万里、さかがみこずえ、サンキュータツオ、滝口悠生、林伸次、広瀬和生、矢内裕子、山下桃子、山本ぽてと、和田尚久
【対談】リナ&ユカ
【イラスト】オオヤヨシツグ 

個人の風景を編むリトルプレス『Didion』。
第2号のテーマは「落語の友達」です。

何度目かの「落語ブーム」とも言われる昨今、落語および落語家の紹介や解説をする雑誌や書籍は数多くあります。情報としてはそれで十分なのですが、落語を聴いたり、落語について考えたりするときに感じる、ふわっとした、なんとも楽しく、時間を(何なら時代までも)忘れてしまうような不思議な魅力を捉えてみたいと思ったのです。
そこで浮上したのが、「友達」というキーワードでした。

本誌に登場する「友達」はさまざまです。
落語会に同行する友達もあれば、落語自体が友達というケースもあります。落語には関係ないけど落語っぽい友達、なんていうのもあります。また、落語に出てくる素敵な友達関係について書かれた文章も。ジャンル「落語」の友達――「音楽」に携わるミュージシャンたちが、お気に入りの一席を語るインタビューもあります。 

落語好きはもちろんのこと、落語に馴染みのない方もその魅力あふれる世界へといざなう一冊です。


ここ最近の入荷から、いくつか。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/05/21

アフター・ザ・シアトリカル・デイズ 『ECTO』


奇才・渡邊琢磨が、染谷将太、川瀬陽太、佐津川愛美をキャストに迎えて放つ、謎の幻想怪奇映画『ECTO』の上映+サウンドトラック上演!!

水戸芸術館ACM劇場プロデュース アフター・ザ・シアトリカル・デイズ
監督/脚本/編集/音楽:渡辺琢磨『ECTO』上映+劇伴演奏
日程 2019年5月25(土)13:00/17:00 26日(日)14:00
会場    水戸芸術館ACM劇場(茨城県水戸市五軒町1−6−8)

2019/05/18

『90年代の若者たち』


島田潤一郎『90年代の若者たち』が届きました。
夏葉社代表の島田さんがより個人的な作品を発表する場としてあらたにつくった「岬書店」。その第一弾刊行物はご自身の若き日々、その思い出と残像をつづった回想録になりました。B’z、サニーデイ・サービス、バズコックス、キリンジ、名盤探検隊、遊人、ダウンタウン、週刊少年ジャンプ。きわめて個人的なのに普遍的、かつて「若者たち」の一人だった著者の独白にぐっときます。

販売価格は1404円(税込)。本書の兄弟本とも言える、堀部篤史『90年代のこと 僕の修行時代』と合わせてお楽しみください。

2019/05/17

ここ最近の入荷から、1冊。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

『Aldebaran Gong EP』


結成から約10年……MC MANGOを中心に結成され、現在は親(ドラム,etc)、ハットコペ(マイク,etc)の2人編成で活動を続ける札幌の奇跡、MEAT COP初のプレス音源! 

MEAT COP『Aldebaran Gong EP』が届きました。
再生して一発目の音に驚かされて、そのまま唖然としているうちに終わっていました。衝撃の5曲、9分38秒。ラウドかつストレンジ、時折ハートフル。自分で書いていても意味が分かりませんがとにかく驚かされました。

販売価格は972円(税込)。「Beer&Records」の過去作『soft power』、『KARATE』も在庫しています。

『アウト・オブ・民藝』


軸原ヨウスケと中村裕太『アウト・オブ・民藝』が届きました。
本書は京都の書店〈誠光社〉を会場に、郷土玩具を愛するデザイナー・軸原氏とタイル研究家であり〈APP ARTS STUDIO〉の運営者でもある中村氏が展開した同名のトークシリーズ全5回分を書籍化したもの。権威化した「民藝」をもういちど民衆化する果敢な姿勢、資料を読み解き過去を書き換える創造性に刺激されること、うけあい。手ごたえのある一冊です。

販売価格は1620円。帯裏の相関図までじっくりお楽しみください。

***

「「民藝」だから素晴らしいのではなくて、「民衆的」だからこそ素晴らしい」(序文より) なぜこれは民藝じゃないの?2018年、誠光社にて全五回にわたるトークと資料の展示とで展開され、話題を呼んだ企画「アウト・オブ・民藝」がついに書籍化。こけしや郷土玩具、手芸や家庭内でのレクリエーション的創造。民藝運動と近しい存在でありながら、「その他」のものとして扱われてきたモノや行為に対する溢れんばかりの愛と探究心に満ちた対話。資料を読み解くことで書き換えられる相関図。民藝運動の「周縁」にスポットをあて、21世紀のモノづくりを考える。民藝に関心がなくとも楽しめる、資料を集め、読み解き、新たな相関図を作る楽しみに満ちた一冊です。 キーワード ウィリアム モリス/竹久夢二/ブルーノ タウト/ 富本憲吉/芹沢銈介/棟方志功/外村吉之介/川 喜田煉七郎/藤井達吉/西村伊作/渋沢敬三/天 江富弥/志茂太郎/料治熊太/川崎巨泉/武井武 雄/恩地孝四郎/橘文策/柳宗理/山本鼎/山内 金三郎/宮沢賢治/清水晴風/有坂與太郎/中島 種二/板祐生/淡島寒月/三好米吉/今和次郎/ 農民美術運動/国立工藝指導所/ドイツ工作連盟 /バウハウス/吾八/こけし/郷土玩具/タイル /児童自由画運動/柳屋/農民芸術/趣味/余技 /集古会/うなゐの友/工人/創生玩具/木端人 形/港屋/白樺/版藝術/民間藝術

2019/05/16

「What are you Doing This Weekend?」 −『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992−2019』刊行記念パーティー−

artwork:河合浩

「What are you Doing This Weekend?」
−『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992−2019』刊行記念パーティー−

日程:6月16日(日)
会場:Club OctBaSS/Bar DISCOS
料金:2500円(+1ドリンクオーダー)※書籍『わたくしのビートルズ』をお持ちの方は2000円
出演:小西康陽、大好俊治、Taro−Nsmr(2YAMADA3TARO)、ラクエン(ICE MEETING) and more...

『DUB SESSION』


トミー・ゲレロ『DUB SESSION』が届きました。
マット・ロドリゲス、チャック・トリースとの「BLKTOP PROJECT」など別働隊では随所で聞けた、ゲレロのダブ・アプローチ。それでまるごと一枚アルバムをつくってみたら…ありそうでなかったちょうど良さ。抑揚の少ないゲレロ節にほどよく乗ったダブの味つけ。ギターはもちろんベースやメロディカ(!)まで自身で演奏しています。ドラム、パーカッションを担当したのはチャック・トリース。

販売価格は2500円(税込)。素晴らしいアートワークはRUMINZによるもの。

***


Tommy Guerrero『Dub Session』

2019.05.08 On Sale
DDCB-12542 / 2,315 Yen + Tax
Released by RUSH! X AWDR/LR2

01. GRIND EM DUB
02. RIDE ON DUB
03. CRUISER DUB
04. RAIN NO SK8 DUB
05. HILL BOMB DUB
06. IN THE STREETS DUB
07. WHO’S HOT DUB
08. BLACK KNIGHT DUB
09. NIGHT RIDE DUB
10. JUNGLE BOWL DUB


2019/05/15

『PEOPLE ‘S RADIO CLUB』vol.1


『PEOPLE’S RADIO CLUB』vol.1がついに完成!
つくってくれたのはtactsatoこと佐藤拓人。彼が主宰する「HOME MADE RADIO CLUB」の兄弟盤と言える本作はこの季節らしい12曲を組み上げてパッケージング。一聴すれば外に出て、ごろんと寝転びたくなる心地よさ(ただ、読書には向かないかもしれません)。

古本1000円以上、お買い上げ。新刊/音源2000円以上、お買い上げ。毎月製作予定の『PEOPLE ‘S RADIO CLUB』は当店でこの条件を満たす買い物をしてくれた方にプレゼントします。先着10名。お取り置きは不可。条件が変わる場合は改めてお知らせします。

ここ最近の入荷から、いくつか。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

Today’s YouTube #290

https://mobile.twitter.com/nariaki0296

2019/05/13

Today’s YouTube #289


今日、明日は連休です。明後日15日(水)から営業再開(15:00−21:00)。