2019/01/31

『Spectator』43号


『Spectator』43号が届きました。
今号の特集は「わび・さび」。(個人的に)知った気ではいるけれど、その本質は掴めていない抽象概念、美意識一つで、まるごと一冊とは驚きました。ひと息に飲み干すのではなく、少しずつ口に含ませていけばじわっ〜と染み渡る何かがあるでしょう。日常より少しばかり脳内速度を落として、読んでみてください。

販売価格は1080円(税込)。巻末の「追悼 細川廣次 カウンターカルチャーの先行者 細川廣次をいたむ」も滋味深い記事なので、お見逃しなく。

***

スペクテイター43 号

特集:わび・さび
茶の湯の世界でその種が蒔かれ、室町時代に開花した、日本古来の美的感覚“ わび・さび”。
Twitter/Square 社CEOの ジャック・ドーシー氏が「生涯で最も影響を受けた本」の一冊に「Wabi - Sabi わび・さびを読み解く」という本を挙げたことから、ホットなワードとして今にわかに注目を集めつつあります。
デジタル化の進む世の中で今なぜ、いま“わび・さび”なのか? 
クリエイティブな人たちは、なぜ“わび・さび”に興味を抱くのか?
古今東西の文献や識者の発言を紐解きながら、その真相に迫ってみることにしました。
多くの歴代の表現者たちを魅了してきた特別な概念にまつわる全てをマンガとイラストを交えてわかりやすく説いた“わび・さび”入門の決定版!
みなさんも本特集を手がかりに“わび・さび”ワールドへTune In! してみてください。

特集:わび・さび
◆イントロダクション
わび・さびとは何か?
◆まんが わび・さびの歴史
漫画/関根美有
◆わび・さび紳士録
イラスト/東陽片岡
◆千利休伝説
イラスト/ひさうちみちお
◆インタビュー わび・さび探し旅
◇「サンフランシスコ郊外に“わび・さび”を探して」
レナード・コレン
◇「人工」と「自然」の波打ち際にあるもの
原研哉
◆聖林公司のわび・さび
撮影/中矢昌行
◆ブックガイド
文/桜井通開
◆追悼 カウンタカルチャーの先行者 細川廣次をいたむ

ここ最近の入荷から、1組。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/29

2月の催事予定


2月8日(金)   「吉田亮人 写真集刊行記念イベント」(サイニング) 会場:PEOPLE BOOKSTORE
2月23日(土) 「おうて おわせて出たとこ放談」(トーク) 会場:千年一日珈琲焙煎所
2月24日(日) 「二階堂和美 with ガンジー」(ライブ) 会場:つくば食堂 花 完売御礼
2月27日(水) 「出張円盤・レコード寄席 移民編」(トーク) 会場:千年一日珈琲焙煎所

現状(1月29日現在)、2019年2月に予定している催事は以上の4つ。
まずは来週の金曜日、写真家・吉田亮人さんを招いてのブックサイニング。青幻舎から刊行されたばかりの写真集『THE ABSENCE OF TWO』の手売り、サイン会を行います。作家さんご本人に話を聞ける貴重な機会です。15時から21時まで開催していますので、お気軽にお運びください。

※吉田さんの「全国書店ツアー」の詳細はこちらでご確認頂けます。

Today’s YouTube #272


平岡の独創は、ビバップの誕生を「第二次世界大戦下の紐育で、戦争という大状況に対してクールな態度を保持することが出来た黒人音楽家」たちの手によるもの、と明確に規定するところにある。思想史的に言うならば、「バップは第二次大戦下ニューヨークの黒人の銃後の実存主義である」。”
−大谷能生「バードとマイルス/ビバップ革命の射程距離」(『平岡正明論』より)

“レスター・ヤングのテナー奏法を彼が電気ギターにのせたときにバップがはじまったといわれる。クリスチャンが早死しなければバップ革命はもっとはやかっただろう。
−平岡正明(『クロスオーバー音楽塾』より)

2019/01/28

3月21日のMOCKYつくば公演に関して。

artwork:tactsato(佐藤拓人)

佐藤拓人による告知ヴィジュアルも大好評!
3月21日(木・祝)に〈LIVE HOUSE FROG〉で開催する「MOCKY JAPAN TOUR 2019」つくば公演に様々な反響を頂いています。ツアー二日目にして関東圏唯一の単独公演。初日〈Liquid room〉、三日目の〈WWW X〉公演とは異なる雰囲気(アットホーム&リラクシン!)でお楽しみ頂けるでしょう。東京から日帰りもできますので、気になったのなら是非お運びください。

そして、本日から私宛てのメールでもご予約を受け付けることになりました!
既にお知らせしているとおりに一般前売料金は4500円(+1ドリンクオーダー/500円)。学生さんは、入り口での学生証のご提示で3500円(+1ドリンクオーダー)となります。加えて、18歳未満の方々の入場は無料です(必ず親御さんのご同伴をお願い致します!)。

引き続き、チケット販売代行サービス・サイト「live pocket」でもご購入できますので、ご覧の皆さまそれぞれご都合の良い方法でお申込みください。どうぞよろしくお願い致します。

***


ご予約方法:
E-mailでのご予約 : mojomojo.people@gmail.com (担当:植田)
件名を「 3/21 MOCKY」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
 • ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
 • メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
 • お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

2019/01/26

Miki Yamanaka Trio


Tsukuba FROG JAZZ CLUB presents
「Miki Yamanaka Trio/Miki Yamanaka(p),Orland le Fleming(b),Jimmy Macbride(d)」
日時 2019年2月3日(日) 20時開演
料金    4500円(要1ドリンクオーダー)
会場 LIVE HOUSE FROG(茨城県つくば市天久保1−6−7B1)

2019/01/25

Today’s YouTube #271


“グレートフル・デッドのサイケデリックの感覚を体験したいと思ったら、まず彼等の名曲「Dark Star」のライブ版が入っているアルバムをお勧めする。この曲のインプロヴィゼーションでは、毎回どんなふうになるかがわからないまま旅をするスリルを味わえる。(中略)この曲には形式はなく、形式そのものが演奏しながら作られていく。これは宇宙の無限と最も近い体験だ。”
−AYUO「サイケデリックとは何か?」(『あるサイケデリック・ボーイの音楽遍歴』より)

2019/01/24

柄谷行人、2冊。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/23

『日々』


古本屋で安く売られるくたびれた本の一節や、一編の詩。はじめて会う人がゆっくりと話す、淡い熱を帯びた一言。老夫婦が半世紀以上つづける習慣。大衆に埋もれる他人の断片が、ある日ぐんと近くに歩みよる。−日々の痕

小川さくら『日々』が届きました。
待ち望んでいたファースト・アルバム。歌詞というより詩と言ったほうがピンとくる、端正な言葉えらび、整ったメロディーはそのまま、ソロCD-R作品にはなかったアンサンブル(跳ねてます!)が加わった見事な作品です。寒さきわまる今の時期はもちろんですが、どの季節にも、きっとよく響きます。

販売価格は1620円(税込)。制作は田口史人(円盤)、装丁は三村京子。ジャケット写真は小川さくら本人によるもの。

倉地久美夫、2枚。



倉地久美夫の音源が2種、届いています。製作したのは高円寺の〈円盤〉。
黒い箱入の2枚組『おろかな雲』は、倉地のCDデビュー前の音源を収録したコンピレーション。歌が吹き込まれた80年代当時の活動解説書も付いています。限定500セット。一方の『へっちゃらソォニャ』は、カセットテープ作品をアルバムそのままCD化したもの。倉地久美夫の最高傑作と言われる一枚です。

販売価格はそれぞれ3240円、2160円(共に税込)。旧作『いいえ、とんでもございません』も在庫しています。

2019/01/22

ここ最近の入荷から、1冊。


※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/21

ここ最近の入荷から、2枚。



数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/20

仕立て屋のサーカス 2019新作公演:本日最終日!


いよいよ最終日! 「仕立て屋のサーカス 2019新作公演」出店のため、18日から本日までの三日間、つくばの店は休業中。週明け火曜日、22日から通常営業致します。1月下旬から2月中に予定している当店絡みの催事予定は以下でご確認ください。

1月26日(土) 「GRIND HOUSE」 (ライブ) 会場:club OctBaSS/DISCOS
2月8日(金)   「吉田亮人 写真集刊行記念イベント」(サイニング) 会場:PEOPLE BOOKSTORE
2月24日(日) 「二階堂和美 with ガンジー」(ライブ) 会場:つくば食堂 花
2月27日(水) 「出張円盤・レコード寄席 移民編」(トーク) 会場:千年一日珈琲焙煎所

2019/01/16

ここ最近の入荷から、いくつか。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/15

「二階堂和美コンサート」−ご予約受付、終了しました!−


つくば食堂 花 八周年記念企画
「二階堂和美コンサート」
日時 2019年2月24日(日)17時開場/18時開演
料金    3800円(+1ドリンクオーダー) −ご予約受付、終了しました!−
出演    二階堂和美 with ガンジー
会場 つくば食堂 花(茨城県つくば市上野700−5)

Yusuke Miyoshi Photograph


Yusuke Miyoshi Photograph

2019/01/14

ここ最近の入荷から、2枚。



数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/13

Takuji/青柳拓次 LIVE−終了しました!−

デザイン:小林敦子

“Takuji tour 2019”

「新春。青柳拓次さんを迎えます。

会場:
つくば食堂 花
茨城県つくば市上野700−5

出演:
TAKUJI/青柳拓次
http://www.takujiaoyagi.com/

日時:
1月13日 (日曜)
18時開場/19時半開演 


料金:
前売2500円(粕汁付き)
E-mailでのご予約 : mojomojo.people@gmail.com (担当:植田)
件名を「 1/13Takuji」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

企画:
PEOPLE BOOKSTORE × つくば食堂 花

***





青柳拓次 | Takuji Aoyagi

1971年12月8日、東京。
クラシック・ギタリストの家系に生まれる。
幼い頃よりギターを手にし、ピアノ、パーカッションを学ぶ。
1990年、TVのオーディデョン番組を経て、Little Creaturesでデビュー。
1991年、渡英。一年間のイギリス暮らしのなかで、世界中から集って来た音楽家たちの生音に出会う。
帰国後、ouble Famousやソロ名義のKAMA AINA、青柳拓次などでも数々のアルバムをリリース。
KAMA AINAでは、イギリス、デンマークのレーベルよりアルバムをリリースし、ライブ・ツアーを行う。
シチリア、ハワイ島の音楽集や、パリ地下鉄のミュージシャン達によるアルバム、ファッションデザイナーとのコラボレーションMix CD、様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。
映画や舞台、TV番組の音楽を作曲し、詩人、写真家としても作品を発表。
2010年、沖縄に移住。日本各地の民謡とホリスティックなセラピーを学ぶ。
2013年、新たなるプロジェクトとして、輪になり声が渦を巻く、参加型コンサート”CIRCLE VOICE”を沖縄のヤンバルからスタートさせる。
2016年、絵本「かがり火」、UA「Japo」(プロデュース)、Little Creatures「未知のアルバム」を発表。それぞれ全国ツアーを実施。
2017年、ドイツ・FRAMELESSフェスティヴァルに出演。写真と言葉の展示『TO KI NA WA』を実施。野村友里演出・舞台「食の鼓動」にて音楽を担当。
2018年、KAMA AINA + Hochzeitskapelle(ドイツ)のアルバムの発売が予定されている。

2019/01/12

吉田亮人 写真集「THE ABSENCE OF TWO」ブックサイニング&トークイベント全国ツアー


111部限定の私家版として刊行された写真集『THE ABSENCE OF TWO』。
写真家・吉田亮人による渾身の作品が今月末に「青幻舎」(日)と「Editions Xavier Barral」(仏)から出版、一般流通することに。そのタイミングで吉田さんの全国本屋ツアーがはじまります。ご自身の言葉を借りれば「読者にこの写真集を直接手渡し、言葉を交わし、一冊一冊届けたいとの思いから写真集を販売していく試み」を当店でも開催することになりました。

開催日時は2月8日(金)、15時から21時まで。吉田さんのブックサイニングを行います。
ブックサイニング=即売&サイン会と翻訳するとイメージしやすいでしょうか。作家自身と言葉を交わし、作品を直に受け取れる稀有な機会です。少しでも気にしてくださるのなら是非、お運びください。

吉田さん、写真集に関しての詳細はこちらでご確認頂けます。

2019/01/11

MOCKY JAPAN TOUR 2019


約3年振り三度目の「MOCKY JAPAN TOUR」が決まりました!
過去二回、渋谷〈WWW〉でおこなわれた公演に立ち会い、素晴らしい時間を過ごした後で思ったことはひとつ。「モッキーを自分の住む街、つくばで見れないだろうか!」ということ。どうにかなんとか出来ないか、近隣のいくつかの店に打診し検討してみても条件に見合う会場を見つけられず、二度目の来日前には小さく歯噛みしておりました。

しかし、今回はちがいます! 念願のMOCKYのつくば公演を主催します! 会場は当店のご近所、天久保一丁目にある〈LIVE HOUSE FROG〉。往時に比べれば、いささか寂しい状況ではありますが、市内随一の盛り場である天久保一丁目を支える重要なお店です。同店代表の川村さんに多大なご協力を頂き、開催出来ることになりました。

開催日は、3月21日(木)。春分の日。
ツアー初日(3/20)、三日目(3/23)には強力な共演バンド、アーティストがラインナップされていますが、つくばは単独公演。関東近郊で唯一の機会です。つくばは東京から遠いわけでなく、Tx(つくばエクスプレス)を使えば日帰りだって余裕で出来ます。関東圏にお住まいのみなさん、お車を走らせ、電車に乗って是非つくばまで足をお運びください。きっと、良い時間を過ごせるはずです。

長くなるので、今日のお知らせはここまで。
3月21日、MOCKYがつくばに来ます! まずはそれだけご承知ください!
ツアーメンバー、当日の飲食出店等に関してはまた後日、改めて報告します。
※チケットのお問い合わせは私、植田まで。お気軽にお問い合わせください。

2019/01/10

『STUDY』#6


インディペンデント・マガジン『STUDY』6号が届きました。
未知の作り手、新しい文化の担い手を紹介してくれる稀有な雑誌が今号で特集するのは、現代アーティスト/ファッションデザイナーのNUKEME。「インプットは死ぬほどしていたけれど、やっぱり自分の主観は壊せない。他人に殴ってもらわないと骨は折れないんです」とは、詩人/写真家・辺口芳典との対談から。その後に続く座談会、どれも非常に面白いですよ。

販売価格は2376円(税込)。当日では本日から先行発売しています(一般発売は18日とのこと)。

***

発売直後から人気に火がついたヌケメ帽や文化庁メディア芸術祭において審査委員会推薦作品に選出されたグリッチ刺繍シリーズなど、ファッションの世界に新たな手法と考え方を提示し続けてきたNukeme。彼ははたしてファッションデザイナーなのか現代アーティストなのか。『STUDY 6』では、彼のキャリア10周年を記念して巻頭40ページ以上の大特集を組みました。その内容は、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、小山田孝司(スタイリスト)らとの対談、フォトグラファー細倉真弓が撮りおろしたファッション企画など。これまで謎の多かったNukemeの全容がついに明らかになります。

他には、世界中のティーンの間で大バズり中の英発ロックバンド・Pale Wavesや、史上最年少で東京コレクションデビューを果たした玉田翔太などへのロングインタビュー、さらには2019年の注目ブランドやスタイリングを紹介するファッションストーリーを3編収録。

今もっともリアルなファッション雑誌『STUDY 6』にぜひご期待ください。

https://studymag.theshop.jp/items/16036435


今週末、それ以降の営業予定


今週末の三連休、以降一週間の営業予定に関してお知らせします。
13日(日)には、〈つくば食堂 花〉での「Takuji/青柳拓次」つくば公演がございます。まだ、ご予約を受け付けていますので、来場ご希望の方はお気軽にお問いあわせください。よろしくお願い致します。

今週末以降の営業予定を以下に記します。ご確認願います。

12日(土)通常営業(15:00−21:00)
13日(日)11:00−14:00 (その後、「Takuji/青柳拓次」公演開催)
14日(月)13:00−20:00
15日(火)振替休
16日(水)通常営業
17日(木)通常営業
18日(金),19日(土),20日(日)「仕立て屋のサーカス 2019新作公演」出張販売※
※3日間、つくばの店舗は休業
   

2019/01/09

ここ最近の入荷から、2枚。



数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

『LONG WAY HOME』


カナイフユキ『LONG WAY HOME』が届きました。
2015年から発表してきたZINE三部作『LONG』、『WAY』、『HOME』それぞれに加筆修正を加えてまとめた一冊。「自分には仲間がいないと思えても、とにかく何かを発信してみてほしい。その、あなただけの言語をキャッチしてくれる誰かがどこかに必ずいる」と本人のあとがきにある通り、一方的かつ乱暴な均質化に抗する自発性、勇気を内在していて好感を持ちました。『LONG』に収録された「僕のナンシー・ブース」は多くの人に読んでほしい。きっと何かを感じるはず。

販売価格は2376円(税込)。学芸大学駅そばの書店〈SUNNY BOY BOOKS〉の刊行物。

2019/01/08

ここ最近の入荷から、いくつか。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/06

1月と2月の催事


年明け早々、近隣の催事&出店等が盛りだくさんです!
当店企画、協力、近しい友人が練ったもの。色々合わせて記しておきます。
ざっと見て、興味を引かれるものがあったなら、是非お運びください。催事それぞれにちがった魅力がありますよ。尚、1月18、19、20日の三日間、実店舗は休業します。あらかじめご了承ください。

1月13日(日) 「Takuji/青柳拓次」(ライブ ) 会場:つくば食堂 花
1月18日(金) 「仕立て屋のサーカス 2019新作公演」 (出店) 会場:ルミネ・ゼロ
1月19日(土) 「仕立て屋のサーカス 2019新作公演」 (出店) 会場:ルミネ・ゼロ
1月20日(日) 「仕立て屋のサーカス 2019新作公演」 (出店) 会場:ルミネ・ゼロ
1月26日(土) 「GRIND HOUSE」 (ライブ) 会場:club OctBaSS/DISCOS
2月8日(金)   「吉田亮人 写真集刊行記念イベント」(サインニング) 会場:PEOPLE BOOKSTORE
2月24日(日) 「二階堂和美 with ガンジー」(ライブ) 会場:つくば食堂 花
2月27日(水) 「出張円盤・レコード寄席 移民編」(トーク) 会場:千年一日珈琲焙煎所

2019/01/05

『ヘブン』−売り切れました!−


曽我部恵一『ヘブン』(1st press)を販売しています。
昨年末に届いたラップ・アルバム。一聴、どんよりとした不穏な雰囲気におののきますが、聴くうちに馴染んでいくような気がします(6曲目「mixed night」は既発のアルバムに入っていても違和感なしのソウルチューン!)。世相を反映するにはラップ、ヒップホップの手法が一番なのかな。時代への感性を見直すにはうってつけの一枚。

販売価格は2160円(税込)。在庫はごくわずか、お求め早めに。
※通販不可! 店でだけ販売します。ご理解願います。

2枚のCD-R


ほぼ同じタイミングで届いた、2枚のCD-R。どちらも嬉しいお年賀でした。
右は当店でもおなじみ、千住のトロピカル・クルー「2YAMADA3TARO」の新作コンピ。忘れかけていた(失礼!)「COLORS」EPシリーズでテーマはBLUE、青っぽい曲を6人のDJがそれぞれ選んでくれてます。最終曲がまさかのカバーでシビれましたよ。

左の一枚は、広島県呉市在住「ジョンとポール」の『ジョンとポールと世界名曲の旅 2019』。2017年に配布した(なんと9枚限定!)CD-Rの一部を差し替え、再編集した力作です。心地よすぎてするするっと流れてしまう全13曲。聴き惚れていたら、あっという間に終わってました。今年は京都の書店〈誠光社〉から新作をリリース予定とのこと、楽しみですね。

どちらも非売品なのですが、お求めなら流します。お気軽にお声掛けください。

2019/01/04

ここ最近の入荷から、いくつか。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2019/01/02

Today’s YouTube #268

http://www4.nhk.or.jp/P3227/

「GRIND HOUSE」


「GRIND HOUSE」
日時 2019年1月26日(土)21時開場/開演
料金    3000円 学生2000円(+1ドリンクオーダー)
出演    ゆるふわギャング、Wool&the pants、O.G.、サモハンキンポーand more!
会場 Club OctBaSS/DISCOS(茨城県つくば市天久保1−5−4)

2019/01/01

謹賀新年


2019年を無事に迎えることが出来ました。
昨年も、沢山の方々に支えられて店を続けられました。そっと通い続けてくれている方、来るたびに長話に付き合ってくれる友人たち、まだ店で会えていなくても気にかけていてくれる人。みなさんに改めて感謝を申し上げます。いつも、本当にありがとうございます。

今年は、既に催事の予定が盛りだくさん! これから少しずつお知らせしていきますので、楽しみに待っていてください。2019年は年男、猪のごとく突っ走ります。どうぞよろしくお願い致します。

PEOPLE BOOKSTORE 植田浩平