2018/10/21

ここ最近の入荷から、2枚。



数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/10/20

「河合浩 坂巻弓華 二人展『格子』」


「河合浩 坂巻弓華 二人展『格子』」
会期 2018年11月15(木)〜12月3日(月) 
会場 千年一日珈琲焙煎所(茨城県つくば市天久保3−21−3星谷ビル1−F/G)

2018/10/19

『陽光』


島の空気、懸命に自分の物語を紡ごうとする人々の力強さ、儚さ、愛おしさ。すべてが溶け合い、ひとつの歌を紡いでいく。

松嶋圭『陽光』が届きました。
松嶋さんは熊本県在住の精神科医。出身地である長崎県壱岐島を舞台にした処女短編を読んだ、熊本の重鎮いわく「島の細部を書きなさい。記憶を、声を集めなさい」。つまりは壱岐島で生きてきた人たちの話を聞き書きしてまわりなさい、ということ。その言葉に導かれ、島に住む人を訪ね歩き、結晶化した16の固有の物語。

販売価格は1944円(税込)。刊行元は、福岡の出版社「梓書院」。

2018/10/18

『彗星の孤独』


何かに固執した途端、それは古び始めるのだ。なぜなら現実は常に複雑であり、いつも変化しているから。複雑で微細な現実のうち、ひとりの人間が見ることのできる部分なんて、あまりにもわずかなのだ。
−「楕円の夢」より

寺尾紗穂『彗星の孤独』が届きました。
稀有な声をもつ人、寺尾紗穂さん初のエッセイ集にはこの世界にある温度、人の体温が込められているように感じます。だから当然、暖かさだけではなく冷たさ、常温のぬるみも含まれていて、するすると読めるところがあれば、ぐっと腹に力を込めて向き合いたい箇所もある。そう簡単には読み終えられない、人間的な書物です。

販売価格は2052円(税込)。入荷分はすべてサイン本、特典冊子「エゾシカとの再会」も付いています。

「藤本智紗 作品展『鏡とあなたと』」


「藤本智紗 作品展『鏡とあなたと』」
会期 2018年10月27(土)〜11月5日(月) ※作家在廊日10/27、10/30
会場 HOOK BOOKS(栃木県那須塩原市高砂町6−5 2階)

2018/10/17

『文化水流探訪記』を販売します!


比類なき愛読家ミュージシャン・やけのはらが、今でも何かを探している人たちへ送る「文化=culture=教養」案内。音楽家から作家、漫画家、映画監督、文化人、プロレスラーまで、過去・現在・未来をつなぐ水流をたどるカルチュアの旅。

やけのはら氏の初著作『文化水流探訪記』が青土社から刊行されます!
リニューアル以前の『popeye』における人気連載であり、当店で2014年に開催した「Get back,SUB展」会期中のイベントのきっかけにもなった、店としても個人としても重要な仕事(文化の掘り起こし)がついに、一冊にまとまります。

嬉しいことに、PEOPLE BOOKSTOREでも本書を販売できることになりました! 来週の火曜日、23日前後に入荷予定。ご予約も受けつけますので、お気軽にお問い合わせください。何かしらの催事も行うつもりです。本とあわせてお楽しみに。

Today’s YouTube #257

http://pyouth-mag.com/zenkankaku18/