2016/09/25

『モウタクサンダ・マガジン』issue 1


“現代みたいに「時間が一定のスピードで流れる」って決められたのはとても最近のことで、たった150年くらい前。それまでは、季節や昼夜によって時間(文字通り)伸び縮みしていたわけだ。(略)そうすると、「今って何時?」っていう質問の答えは、季節によっても昼夜によっても変わるのが当然だった”

(必ずしも)旅に出ない旅行誌『モウタクサンダ・マガジン』が入荷しています。
上にあげた画像のとおりに表紙から(画像はありませんが、裏表紙まで)びっしりとテキストが詰まっています。そして今号ではこの文章がいちばん面白いのでは、とボクは思っています。「1.3時間のタイム・トラベル」とは、なかなかに刺激的なアジテーション。なんでも江戸の時間を現代の時計に当てはめると、夏至と冬至では1時間ほどの伸縮が確認できるそうで、その伸び率を「タイム・トラベル」とし、思いっきり遊んでみたのがこの雑誌というわけです。

肝心な中身がどうなっているかは、是非店頭で確かめてください! 販売価格は1296円(税込)!

***

(必ずしも)旅に出ない旅行誌「モウタクサンダ!!! マガジン」の2号目となるISSUE1。
今回の特集は「1.3時間のタイム・トラベル」。旅行者の時間感覚にチューニングを合わせる、雑誌型のタイムマシーンです。
1.3時間とは、中途半端で割り切れない時間感覚のこと。時計が刻む均一なリズムを歪ませ、自由に伸び縮みする旅のタイムフィーリングを手に入れるアイデアを詰め込みました。

気鋭写真家によるフォトグラフィー、ファッション、小説、マンガ、、インタビュー、短歌、詩、日記など・・・充実の全100Pです。


■収録コンテンツ 
知る・・・・・時間を歪めなさい、できるだけ丸く
彷徨う・・・・数理ロマン的・深夜彷徨
眠る・・・・・夢日記≒時間旅行記
呼び止める・・ちょっとすいません
踊る・・・・・身体のタイムマシーン機能
感覚する・・・五.五感へのトリップ体験記
読む・・・・・タイムスリップ読書
眺める・・・・世界に流れる1.3時間リズム
想像する・・・時間を旅する2編(のストーリー)
通勤する・・・通勤ユートピア
下車する・・・東京三軍駅1.3
死ぬ・・・・・あと1.3時間で人生が終わるなら? 等


2016/09/24

『WEEKEND SOUL BAND』(LP)


思い出野郎Aチーム『WEEKEND SOUL BAND』のアナログ盤が入荷しました!
CDを締めくくった“side-B”のあとにもう一曲、本作のプロデューサーであるmabanuaが歌う“TIME IS OVER”も追加収録されています。
すでにCDを持っている方も、そうでない方にも、おすすめしたい作品です。販売価格は3024円(税込)。

***



mabanuaの全面プロデュースによる傑作アルバムが遂にLP化!
LUVRAW、やけのはら、小林うてな、VIDEOTAPEMUSIC等が参加したファースト・アルバムに「TIME IS OVER(vocal-feat.mabanua)」が追加収録されたアナログ・エディションとなります。
LUVRAWが参加したビター・スウィートなイントロに始まり、歌詞が胸に突き刺さるタイトル曲「週末はソウルバンド」、やけのはらをゲストに迎えたハードなアフロ・ビート・ナンバー「サウンドシステム」、小林うてなをスチールパンに迎えた「雨の街」、ダブ処理されたVIDEOTAPEMUSICの鍵盤ハーモニカが印象的な"ONE MUSIC"など、ソウル、ファンク、レゲエ、ジャズと様々なジャンルのエッセンスが凝縮された音楽性と躍動感に溢れた泥臭いグルーヴを見事に融合させた楽曲群は圧巻です。

2016/09/23

OLD FIGARO PEOPLES+BEBOP BAGEL


友人の吉井さんがお店をつくりました! 松戸駅から徒歩5分の好立地!
店名は「OLD FIGARO PEOPLES+BEBOP BAGLE」。表記がちょっとややこしいですが、「OLD FIGARO PEOPLES」という私設図書館、「BEBOP BAGEL」というベーグル屋がくっついた場所とのこと。ご本人によれば、図書館は店が、古くて(OLD)、床屋(FIGARO)で、床屋の客・人々(PEOPLE)が行き交った場、というのがその由来のようです。BEBOPはきっとそのまま、ジャズのビバップなんでしょう。たいそうゴキゲンなベーグルが出てきそうですね。

店に来て「自分もこういう場所を持ちたいんです」と話してくてくれる方は多いです。でも、吉井さんのように実際に場作りをはじめる人はほとんどいません。だから、と言うわけではありませんがボクは仲間ができたと勝手に喜んでいます。そう、みんなどんどん場所をつくったらいい。条件、地縁はそれぞれだけれどあきらめずに探せば、あるいは視点をちょっと変えてみれば、街のすき間はまだ見つけられるんじゃないかと思います。

松戸に行く用事のある方は是非、足を運んでみてほしいです! 最新情報はインスタグラムをチェック!

2016/09/22

河合浩個展「nebula」


今週末の土曜日から河合浩さんの個展がはじまります!
会場は大阪のギャラリー&カフェ「yolcha」。9/24〜10/9まるまる2週間が展示期間とのことなので、お近くの方は是非お運びください。
そうそう、展示のタイトルは「nebula」だそうです。どういう意味なのかな。こんど河合さんに聞いてみようと思います。

以下、詳細を転載します。

***

河合浩 個展「nebula」

2016.9.24(土)~10.9(日)
14:00~20:00 火曜定休

茨城県在住の作家、河合浩さんをご紹介します。
彼の絵は抽象的ですが、観る人それぞれによって具体的なモチーフがあるように見えます。
それらは不思議な象形文字のようであり、何か特別なDNAの構造のようでもあります。
作家の思考回路がそのまま色と形になったアメーバが、互いに影響しあいながら増殖するのだとか。
それは宇宙の塵とガスのように、一枚の画面に集まると一つの意思を持つような作品となります。
そこで、わたしは彼のこの個展に「星雲=nebula(ネビュラ)」と名付けました。
ミクロでいてマクロでもあるこれらの不思議な絵は、貴方の無意識とつながる回路なのかもしれません。

gallery yolcha 車掌


2016/09/21

米とぎざるを編む


隣のお店、千年一日珈琲焙煎所で開催されるワークショップのお知らせです。
講師はゴロゥさんとチミちゃん。ふたりがやさしく米とぎざるの編み方を教えてくれるそうです。定員は8名なので、お早めにご予約を。
9/23追記:定員まであと2名とのこと! お早めに〜!←受付終了とのこと!

***


水切れがよい竹ざるは、使い込むごとに手に馴染み、そして味が出てきます。
何気ない暮らしの道具を、じっくりと時間をかけて、自分の手で作ってみる。
そんな時間を(コーヒーのいい香りに包まれて)過ごしたい人の、ワークショップです。

日時:10月2日(日) 12:30-17:30(12:15 受付開始)/休憩タイムあり
定員: 8名(要予約)
参加費:3,500円(おやつに千年一日珈琲焙煎書の飲み物と、ちょっとした甘み)
持ち物:特になし(水を使うので多少濡れても大丈夫な格好でおこしください)
講師:河合沙耶香・橋本千菜美

ご予約は、お電話またはメールにて千年一日珈琲焙煎所・大坪まで
ワークショップの予約・お問い合わせ:千年一日珈琲焙煎所
029-875-5092/1001coffee@gmail.com(大坪)

2016/09/20

『これについて』


“二人は協定をむすび、正確に二ヶ月間だけ離れて暮す約束をする。その期限が切れるのは一九二三年二月二十八日である。マヤコフスキーはルビャンスキー街の仕事部屋に閉じこもり、熱に浮かされたように愛の叙事詩「これについて」を書きつづける。”
-小笠原豊樹(“マヤコフスキーの手紙”より)

マヤコフスキー叢書最新刊『これについて』が入荷しました。
見てください、この表紙。格好良いと言うか、すごい迫力。するどい眼差し。叢書10冊目にして、二番目の薄さ。しかし、マヤコフスキーは走ってる。ほとばしる言葉はあちこちに飛び散る。挿絵にA・ロトチェンコによるフォト・モンタージュが使われてるからでしょうか。これまでになくオブジェのような本になっています。

冒頭の“これについてとは何についてか”を読んでも、『これについてが』何なのかは分かりません・・・が、既刊の『ぼくは愛する』に収録された“マヤコフスキーの手紙”を読み、ボクはようやく要点を掴みました。つまりこれはラブ・レター、恋人のリーリャ・ブリークへの激情。激しすぎる、愛の叙事詩。「いつもこうなんだ、街の太鼓が夢のなかへ入ってきて、するといきなり記憶が戻ってくる。さびしさはここ、部屋はここ、あそこには彼女、罪のあるあの女がいる、と」(“隠れ場がない”より)。

既刊、最新刊の内容、時制が入り乱れるマヤコフスキー叢書。販売価格はすべて1028円(税込)です。