2018/12/31

『A FROZEN BOY,DAYS IN LOVE−おいぼれのためのディスクガイド』vol.2


大晦日に、愛知県在住の会社員「ドリーミング刑事」さんから熱い便りが届きました。
同封されていたのは、フリーペーパー『A FROZEN BOY,DAYS IN LOVE−おいぼれのためのディスクガイド』第2号。上記の「熱い」を換言すれば、世相に対して真剣、本気であるってこと。なにせ巻頭の特集「私的名盤 LOVE&STRUGGLE −あなたの愛と闘争、教えてください」の書き出しは「自由と公平、そして民主主義を守るために路上に立つプロテスターには、なぜか良い音楽をたくさん知っている人が多い」なんですよ。

個人的なメディアには息巻いてほしいと思うから、「チンケな客観よりもオレの独断!」という故・斎藤竜凰のキャッチフレーズを愛すべきドリーミング刑事に捧げたい。言いたいことを言いたいように。そのための声、歌、言葉なんだよなあ。時にはこうしたまっすぐな表現姿勢があっていい。

本日から店頭で配布開始! ご希望の方はお声がけください!

2018/12/30

本日の買取から、1冊。


※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/28

『PROVOKE−思想のための挑発的資料』完全復刻版


『PROVOKE−思想のための挑発的資料』、完全復刻版が届きました。
多木浩二と中平卓馬が高梨豊、岡田隆彦を引き入れて、1968年に創刊した伝説の写真同人誌(森山大道は2号から参加)。「論理的であるようでいて実は直感的かつ感覚的に核心に突き刺さるような文章と写真が放つ視覚的な刺激が重なる(※)」誌面に関して、ここで多くを語る必要はないでしょう。ただ、一点付け加えるのなら、第2号巻末におさめられた岡田隆彦による詩作『大股びらきに堪えてさまよえ』は今、触れるべき言葉だと直感しました。

販売価格は8640円(税込)。手元に置けば、折にふれ刺激を受けられるはず。

(※)大島洋「写真 時代の現場 1968−72」(四方田犬彦編『1968[1]文化』より)

***



多木浩二、中平卓馬、高梨豊、岡田隆彦、(後に森山大道)を同人として1968年に創刊された伝説の写真雑誌『プロヴォーク』の完全復刻版です。オリジナルの三冊から原稿データを抽出し、写真イメージを忠実に再現いたします。またオリジナルに収録されている文章は英語と中国語に翻訳し、別冊として刊行いたします。全三冊+別巻一冊の四冊セットでの販売となります。さらに今回は第二号にのみ付属していたとされる「帯」も完全再現いたします。
https://www.nitesha.com/?pid=131429396

年末年始の営業予定


2018年も残すところあと4日。年末年始の営業予定をお知らせします。
今日から日曜日、30日までは通常営業。大晦日は簡単な掃除、整理をしながらのエクストラ営業だと思ってください。予告なく閉店が早まることもあり得ますので、あらかじめご容赦願います。

新年は1月4日からはじめます! 以下、1月7日までのスケジュールです。
(一応書いておきますが、ビールを断ることはできません。)

12/28 15:00−21:00
12/29 15:00−21:00
12/30 13:00−20:00
12/31 13:00−16:00頃
1/1−3 休み
1/4 13:00−18:00
1/5 13:00−20:00
1/6 13:00−20:00
1/7 定休日

2018/12/27

『images,materials and ideals』(2018edition)


Ryohei kazumi『images,materials and ideals』が届きました。
タブロイド紙『the stories of adventure』を製作した「ENTERTAINMENT」の構成員であり版画作家でもある男のソロ作品、通称エロ本。独力でコツコツ集め続けたセクシー画像を大胆に網点掛けした作品群をどう受け止め、読みこむか? 是非、膨大なイメージに埋もれて確かめてほしいです。

販売価格は3000円(税込)。2012年時の原版に多少改良を加えた、2018年エディション。

『The Stories of Adventure』



イメージや文字がますますデータ化していく中、煙に巻く様な物語とデザインを、五感で感じて下さい。分かったつもりが分からないことが分かるかもしれません。

ENTERTAINMENTによるタブロイド紙『The stories of adventure』が届きました。
いやはやあっぱれ! ここまで意味を欠いたものって中々作れません。されど、めくればめくるほど面白い。圧倒的なテキスト量を誇る、世界最狂の作品紹介。絶妙な編集/複製感覚。異能者集団・ENTERTAINMENTの肝の部分が詰まった、印刷物です。

販売価格は500円(税込)。3種のステッカー、別紙が一枚付いています。

2018/12/26

ここ最近の入荷から、いくつか。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/24

本日の買取から、1冊。


※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/23

strings um 演奏会「GHOST MOON」


strings um 演奏会「GHOST MOON」
日時 2019年1月20日(日)18時半開演
料金    1500円
会場 千年一日珈琲焙煎所(茨城県つくば市天久保3−21−3星谷ビル1−F/G)

2018/12/22

『Blue Bolero/Kung Fu Rock』


Exotico De Lago『Blue Bolero/Kung Fu Rock』が届きました。
今年6月に発売された第一作『EXOTICO DE LAGO』が大好評だった(当店の2018年ベストヒット!)ジャパニーズ・ロック・ステディ・バンドの新作は両A面の7インチ・シングル。あえて言葉にするならば、A面「Blue Bolero」は女性的でしなやかなロック・ステディ。AA面「Kung Fu Rock」は男性的かつ鋭いエキゾ・チューンと言えるでしょうか。いずれも、稀に見るスタイリッシュな楽曲です。

販売価格は1620円(税込)。「SPARK UP ‘N’ LISTEN」からのリリース。

***


ほろりとした甘さのなかには、異国のスパイスの香りも少々。どこか懐かしくて、いまだ誰も聴いたことのない未来の音楽でもあるという、まさにEXOTICO DE LAGOならではのレコードである。この旨味ばかりはデータやCDではなかなか伝わらない。レコードに針を落とした瞬間から音楽の魔法がじわりと広がるあの感覚をじっくり堪能していただきたい。
−大石始(ライター)

2018/12/20

22、23、24日の三連休。


今週末、土曜日からの三連休中は休まずに営業します。
土曜日は15時から22時、日曜日は13時から20時、月曜日は13時から18時までの営業予定。
新刊、古書、音源など何かしらの入荷がほぼ毎日ございます。お時間があれば是非お運びください(ちなみに、クリスマスめいたものは全く用意しておりません)。

連休明けの火曜日、25日は休みます。

ここ最近の入荷から、いくつか。





※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/19

『Lieutenant’s Aquarium』vol.2


Mix−CD『Lieutenant’s Aquarium』vol.2が届きました。
青をテーマにDJ HIGHSCHOOLが選曲、BUSHMINDがミックスを担当した本作が当店にやってきたのは、幕引きの23曲目「untitled」を手がけたNAT000ことsonicさんが持ち込んでくれたから。深海サイケデリアとは言い得て妙の、独自のテンポ(水中感)。この不思議な音世界を是非お試しください。

販売価格は1000円(税込)。少数の入荷ですので、お求めはお早めに。

***

またここに来てしまった。あの2人の佇む水族館第二弾。「青」をテーマにヒップホップ、ブレイクビーツを始めとする様々なジャンルよりDJ Highschoolが選曲、Bushmindがミックス。色とりどりの魚達が泳ぐ回る様に、時に忙しく時に優雅に曲が交差していく。それにより各曲のもつ背景や時代の壁が決壊し、大きな一つの潮流となって耳に流れ込んでくる感覚。「ディープ」「メロウ」「チル」。これらの形容詞が陳腐化する「深海サイケデリアMix」の金字塔的1枚と言っても過言ではない。物想い耽りたい昼下がり、逆に何も考えたくない深夜などありとあらゆるパーソナ ルなシチュエーションに最適なBGMとなるだろう。

Tracklist:
01.Perry & Kingsley – Moon River
02.Alias – Full Circle Blues
03.Nomo & Shawn Lee aka Wild Belle – Upside Down
04.Senna – Grove
05.Wayne Snow – Still In The Shell
06.Flee – Guac
07.Proswell – Pane
08.Fredo Santana x Lil Reese – Not Like U
09.Roland Jones – Like Freddie Kruger
10.Xanny – Rarri
11.Shabazz Palaces – The King’s New Clothes Were Made by His Own Hands
12.Ice Edwards – Flat Soda Chasing
13.Odd Nosdam – No More Wig For Ohio Pt.II
14.Girl Milk – Title 03
15.Private School – Do Unto
16.Oliver Hart – On A Clear Day
17.Nate b. – Losing Sleep
18.Mick Jenkins – Angles (Ft. Noname & Xavier Omar)
19.μ-Ziq – Blainville
20.Cibo Matto – Theme
21.Laurel Halo – Like an L
22.Argue Damnation – Children Are Future
23.NATooo aka sonic – Untitled





2018/12/18

『My Little New York Times』


「壊れゆくアメリカに生きることの痛みと希望を、佐久間裕美子の声を通して知ることができるのは幸運なことだ。その痛みや希望は、ぼくらのものでもあるとその声は語り続ける。」
−若林恵(編集者)


佐久間裕美子『My Little New York Times』が届きました。
ニューヨーク/ブルックリン在住20年、ライターの佐久間裕美子さんが記した2017年7月5日から一年間の思索、行動、交流の記録。読みはじめてすぐ(7月24日)「ジェリー・ガルシア・バンドのライブを見て『アメリカに住みたい』と思った」なんて記述を見つけて、ナイス! と小さくガッツポーズ。一気に親近感がわきました。「(若い頃に)旅をしただけ、人間としての筋力がついた気がする」(9月7日)、「みんな、こんな時代だからこその表現に燃えている」(9月12日)なんて記述、述懐たちにも一つ一つグッときます。

販売価格は1998円(税込)。読めば、何かしら触発されるはず。きっと元気も出てきます。

OctBaSS、6周年!


近所の盛り場〈club OctBaSS(オクトベース)〉が来年1月に6周年を迎えます。
その祝いの宴がいくつか決まっているようなので、ここでもお知らせします。まず1月5日(土)にはローカルDJがつどう新年会。そして、26日(土)には「ゆるふわギャング」に「Wool&the pants」、「DJサモハンキンポー」等が出演するパーティを開催するそうです。こりゃあなんと、刺激的な組み合わせ。お早めのご予定をおすすめします。

より詳しい情報は〈OctBaSS〉公式ページでご確認ください。

2018/12/16

Today’s YouTube #266


12月22日発売、EXOTICO DE LAGO『Blue Bolero/Kung−Fu Rock』のご予約受付中。
https://mobile.twitter.com/DeExotico

ここ最近の入荷から、2冊。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/15

タカツキ実験室による公開実験−終了しました!−

Artwork:tactsato

"OPEN EXPERIMENT!"

「タカツキ船長の公開実験!」

会場:
OctBaSS/DISCOS
茨城県つくば市天久保1−5−4

日時:
12月15日 (土曜)
18時開始/24時終了予定

料金:
当日2000円( 学生1500円 )※共に要ドリンクオーダー

出演:
タカツキ実験室
(タカツキタツキ、高橋結子、岡本学志、toto、近藤康平、大宮麻比古etcetc!)
ARTMANS(ATOM×Reo from松本族)
E.S.V
tactsato 
ウイイレヤクザ
カトウシンペイ
Kosuke
&more!

飲食出店:
千年一日珈琲焙煎所
こころ

企画:
PEOPLE BOOKSTORE × OctBaSS

協力:
千年一日珈琲焙煎所

2018/12/14

『実在の娘達』


福永信『実在の娘達』が届きました。
詳しいことは最下に転載する公式情報にゆずりますが、これは、本という容れ物を使った試みと言えるでしょう。小説家とデザイナーの類を見ない共同作業。登場人物のやり取りの間にある息づかい、ためらいが生む空白、時間の取り込み方がお見事です。文字やページの量に比例しない奥ゆきを感じられます。

販売価格は1350円(税込)。是非、現物を手にしてほしい一冊です。

***

実在の娘達』

小説家の福永信、5年9ヶ月ぶりの小説集。デザインは、今もっとも注目される仲村健太郎。

本書は普通なら厚みを持たない(書籍として成り立たない)掌編3編だけで構成されるが、各編の特徴に合わせてレイアウトし、読むだけでなく、見ること、めくることなど、本でしか味わえない世界を作り出した。

本書は、活版、写真植字+軽オフセット、DTP+オフセットと3種の異なる印字・印刷方法で仕上げている。時代を隔てた印刷技術を用いることで、紙面は、独特の風合いを醸し出す。読むだけでなく、印刷の変化を感じられるような、紙とインクでしか味わえない世界を作り出した。

奥付には、著者、デザイナーの住所を明記。共に「実在」していることを示す。実在の本屋さん、実在の読者と共に、昔の本のように、お互いが近くに感じられる著者とデザイナーでありたい。
http://www.nakamurakentaro.com/

2018/12/13

河合浩個展「WALK ON!」


河合浩個展「WALK ON!」(企画:出田祥三)
会期 2018年12月12日(水) −2019年1月14日(月・祝)
会場 古書コンコ堂(東京都杉並区阿佐ヶ谷北2−38−22)

2018/12/12

「小林東洋 陶展」


「小林東洋 陶展」
会期 2018年12月13日(木) −12月24日(月・祝)
会場 Shingoster LIVING/Cox(茨城県つくば市小野崎448−1)

2018/12/11

13日と15日


明後日、13日は19時半までの短縮営業。FROGに出かけます
週末の土曜日、15日は17時まで店を開けて、18時からは「タカツキ実験室による公開実験」。店から歩いて約10分、車や自転車ならばそれより早く着く距離にある〈club OctBaSS/DISCOS〉が会場です。ご予約不要、当日料金2000円、学生さんは1500円(共に1ドリンクオーダー)。ちょうど良い値段設定ですので、超! 気軽にご来場ください。

2018/12/09

仕立て屋のサーカス・2019新作公演


来年も、年明け早々に仕立て屋のサーカスの公演がございます。
「動きの真実を見せることをコンセプトとする」(公式HPより)、仕立て屋のサーカス。2019年は様々な分野で活動するゲストを招き、新たな状況を作り出していくようです。その最初の取り組みに迎えるのは、現代美術家・小金沢健人さん。これまでにない動きが生まれる瞬間が、きっと目撃できるでしょう。

当店は3日間の公演全日、出店します。張り切って出かけますのでご期待ください。

***

仕立て屋のサーカス 新作公演 in 新宿・LUMINE 0 
日程 : 2019/1/18(金) , 1/19(土) , 1/20(日)
会場 : LUMINE 0
住所 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目 24 番 55 号 NEWoMan Shinjuku 5F

▪日時
1/18(金) … 開場 17:30 / 開演 19:00 / 終演 21:00 
1/19(土) … 開場 17:30 / 開演 19:00 / 終演 21:00
1/20(日) … 開場 15:30 / 開演 17:00 / 終演 19:00


▪チケット * 限定席数
一般 … 前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,300
学生 … 前売 ¥2,800 / 当日 ¥3,300
18歳以下 … 無料 [ 下記サイトでのチケット予約が必要 ] 
乳幼児・未就学児童 … 無料 [ 下記サイトでのチケット予約が必要 ] 
* 各チケット限定席数となりますので、お早めにお買い求めお願い致します。
* 全席自由 / 未就学児童入場可


▪予約方法 
[ WEB予約 ] @circodesastre プロフィール URL の http://t.livepocket.jp/t/circodesastre より
[ 問合せ ] circo.sastre@gmail.com までメールにてお問い合わせ下さい。
* 会場へのお問い合わせはお控え下さい。


2018/12/07

TAKUJI / 青柳拓次


来月13日(日)に「Takuji/青柳拓次」さんを招くことになりました。
会場は〈つくば食堂 花〉。2019年最初の三連休真ん中の日曜日、ゆっくりと楽しんで頂けますと幸いです。本日からご予約も受け付けますのでPEOPLE BOOKSTORE植田までお気軽にお問い合わせください。

***

Takuji

音楽家青柳拓次の[声とギター]による新たなソロユニット。
世界中の唄、自然音、動物の鳴き声に耳を澄ませ
発せられた七色の声。
様々な民族楽器のエッセンスが溶け合ったような
瑞々しいギターの音色。
このたった二つのシンプルな組み合わせで
響き合う未来を鮮明に描きます。
現在撮影中(田中トシノリ監督)のドキュメント映画
「サークルボイス」と呼応しながら
2018年より活動を本格化。

「Takuji/青柳拓次 LIVE」
会場:つくば食堂 花 (つくば市上野700−5)
日時:2019年1月13日(日) 19時半開始予定
料金:2500円

E-mailでのご予約 : mojomojo.people@gmail.com (担当:植田)
件名を「 1/13 Takuji」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

2018/12/06

『マッチと街』


あの頃」が良かったのかどうかはわからないけど、ちょっと羨ましい。

マッチと街出版委員会『マッチと街』が届きました。
2009年に高知県〈ギャラリー graffiti〉で開催された展覧会「高知遺産 マッチと街」をネタ元に、地元在住のデザイナー竹村直也さんを中心にして編まれた本書。これが、本いっぱいに愛があふれていて、暖かい。何への愛かと言えば、マッチそのものとそれを配ったお店、店主、お客さん、ラベルをつくったデザイナー。そしてそれら、彼ら彼女らが生きた時代。高知。形のないものへの尊敬があるからこそ、この本が生まれたのでしょう。

販売価格は1944円(税込)。デザイン、構成もバツグンなので是非、手にとって頂きたいです。

***





激動の昭和、そして平成初期にかけての「あの頃」、高知の街は今よりもずっと元気でした。

東京へはYS11が一日数便しか飛んでいなくて、瀬戸大橋も高速道路もまだまだ遠い未来の話。スマホもネットももちろんなくて、テレビも民放が2局しかなかった時代。

だけどそのぶん、今よりもずっとたくさん、街には人の「居場所」がありました。珈琲を飲みたいと思えば純喫茶や音楽喫茶があり、お酒を飲みたいと思えば居酒屋はもちろんのこと、カクテルバーやジャズバー、スタンド、スナック、ラウンジ、キャバレーと、今ではあまり聞くことのない業種も含めさまざまなスタイルのお店が、お客さんを待っていてくれたのです。

人口30万人たらずのコミュニティの中で、あらゆる用事はこの街の中で済ませることができました。街は、今よりもずっと濃かったのです。もちろん、今でもたくさんのお店が高知の街にはあります。街並みははるかにきれいになりました。だけど、「あの頃」に比べると、街はずいぶん大人しくなってしまったのではないか、とも思うのです。



2018/12/05

ここ最近の入荷から、1枚。


数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/04

ここ最近の入荷から、いくつか。




※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/02

ここ最近の入荷から、2枚。



数は多くありませんが、中古盤(CD、レコード)も取り扱っています。
場合によっては買い取ることもできます。ご希望の方は店頭でお問い合わせください。

※※※本(ときには音盤)を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/12/01

Today’s YouTube #265

https://www.oftropique.com/archives/15

『なんでも たしざん』


ナイジェルグラフ『なんでも たしざん』が届きました。
ビースティ・ボーイズとのコラボレーションや堀込泰行のジャケットワーク等で知られるデザイン事務所「NIJEL GRAPH(ナイジェル・グラフ)」。彼らの初絵本は想像の飛躍を後押しするような、めくって広げて楽しめる一冊に。固定観念を捨ててひもとけば、想像力がびょーんと跳ねるような気がします。

販売価格は1620円(税込)。アートディレクターはNEWTONE(ニュートン)。

2018/11/30

みんなの映画100選、2種。



『みんなの映画100選』、『みんなの恋愛映画100選』が届きました。
100本の映画のワンシーンを切り取り、それぞれに絶妙な解説を加えたシネマガイド。みんなが知ってるあのシーン、「やっぱあそこが好きだよね!」なんて箇所から少し外れた、シブい場面が選ばれているのが味わいどころ。長場雄のイラストを存分に味わえるヴィジュアル・  ブックとしても楽しめます。

販売価格は2700円(税込)。こういう本が喫茶店や美容室なんかに置いてあったら嬉しい。不意にもてあました時間をひょいっと持ち上げてくれそうな気がします。

2018/11/29

Today’s YouTube #264


エキゾチック・インストルメンタル・ユニット、of Tropique (オブ・トロピーク) による、架空の南の島のサウンドトラック。イラストレーター・オタニジュンとのコラボで出版された "空想トラベルブック" の音楽サイド。ラテンでオリエンタルでビザールな、時代性のないサウンドが持ち味。 ギター、ベース、管楽器、カシオトーンや食器やおもちゃまで、曲ごとに楽器編成を変え、音だけで物語の浮かんでくるアルバムとなっている。
https://www.oftropique.com/la-palma/

『La Palma』


オタニじゅん×of Tropique『La Palma』が届きました。
オタニ氏による空想世界の風景画と本書のために結成された楽団「of Tropique」が奏でる音楽がセットになった一冊です。アートブックのおまけにしては充実し過ぎている音源、音源の補足・解説(歌詞カードやライナーノーツ)にしては豪華すぎるアートブック…と、どちらに力点を置いても楽しめる、「聴ける・飾れる新しい本」。

販売価格は3132円(税込)。当店ではおなじみの「EXOTICO DE LAGO」のリーダー、長久保寛之さんも参加している音源、とても良い仕上がりです。店で試聴もできますので、気軽にお声掛けください。

***



株式会社オークラ出版の新しいレーベル「アカツキプレス」から『La Palma』が発売されます。アーティストのオタニじゅんが描く、見たことのない鮮やかな楽園と、of Tropiqueが奏でる、エキゾチカ、モンド、ラテン、トロピカル、様々なジャンルがミックスされたエキゾチックムードいっぱいのCD付きアートブックです。音楽を聴きながら、ページをめくって音の旅へと出かけられる1冊。また、今回のためにつくられた特殊な製本にもご注目ください。

2YAMADA3TARO


「2YAMADA3TARO −2018winter−」
日時 2018年12月8日(土) 18時開始 入場無料(要1ドリンクオーダー)
会場 CURRY BAR GAKU(東京都足立区千住3−55)

2018/11/28

『喫茶ふしぎ探訪』第三号


『喫茶ふしぎ探訪』第三号が届きました。
第二号から実に一年半ぶりの刊行ですが、これまで通りのちょうど良さ。時間を重ねることでにじみ出る店主の個性、自然と生まれる場所の味わいをさりげなく慈しむ姿勢、店や人との距離感がこの小冊子の魅力でしょう。どこか呑気な雰囲気なので、ほっと一息つきたいときに、おすすめです。

販売価格は648円(税込)。好評だった一号、二号は現状品切れですが、増刷の可能性も? お楽しみに。

Tony Lakatos&Ferenc Snetberger


Tsukuba FROG JAZZ CLUB presents
「Tony Lakatos&Ferenc Snetberger」
日時 2018年12月13日(木) 20時開演
料金    5000円(要1ドリンクオーダー/フード付)
会場 LIVE HOUSE FROG(茨城県つくば市天久保1−6−7B1)

2018/11/27

モッズ関連、2冊。



※※※本を買い取ります!※※※
PEOPLE BOOKSTOREでは本の買取を行っています。
ご不要になった本、大切だけれど置き場所がない・・・という蔵書がありましたら、お気軽にお声かけください。お声がけはメールでも直接ご来店頂いても構いません。預かった本は出来るかぎり早く査定します。

2018/11/25

『Farmer Gone To Heaven』


YETII『Farmer Gone To Heaven』が届きました。
Beipana(ラップスチールギター、プログラミング)、上原周太(ギター、バンジョー等)からなるユニットの2012年録音作品をアメリカのインディーレーベル「cudighi records」がリイシュー。カセットテープという形態、内容、ジャケットすべてのバランスが絶妙です。「ギターと打ち込みによるエキゾチカ、サイケデリック・カントリー・ダブという音楽性」が今、鳴るべき音だなあと感じました。

販売価格は1080円(税込)。愛らしいジャケット画を手がけたのは、fkirt(フカーツ)。