2015/06/22

from windbell


大好きなレーベル「windbell」から新譜と旧譜が届きました。
MOCKYの『KEY CHANGE』と『SASKAMODIE』、HAUSHKAのライブ盤『2.11.14』(CDリリースは日本だけ!)の3枚です。
とにかく、声を大にしていいたいのは「KEY CHANGEが素晴らしい!」ってこと。魔法にかけられたような、極上の耳心地。思わず身体も動き出す。
さりげなく黒いベースライン、軽やかなポップネス、ちょいとセンチなMOCKYの声、そのすべてが好きです。ボクは。

ファイスト、ゴンザレスといった音楽家のファンはもちろん、マニー・マークやスフィアン・スティーブンスに反応した若者にも聴いてほしい。
アルバムの中でも、soundcloudでも味わえる"LIVING IN THE SNOW"がおすすめ。最近のフェイヴァリット・ソングです。

***



MOCKY 『KEY CAHNGE(Deluxe edition)』


2015622日(月)発売
WINDBELL four 130/131
定価:¥2,400(本体価格)+消費税
Release Format: 2 CD(ペイパースリーヴダブル仕様)


● 日本先行発売 アルバム本編ボーナストラック2曲(未発表音源)、
配信販売のみだった二枚のEP収録曲を中心とした
ボーナスディスク(MOCKY本人監修の下、選曲。)を加えたデラックス・エディション。

● ここ日本でも実に幅広い音楽ファンに支持された
前作「Saskamodie」から6年ぶりとなる待望の新作。

「Saskamodie」収録の Birds of A Feather は 
TOKIO HOT 100 (J-WAVE) で最高位18位まで上昇した。

2011年、アメリカ Big Sur で録音された、ファイストのアルバム " Metals "参加を機に
長年活動のベースにしていたベルリンをはなれ、ロサンゼルスに移住。

ファイスト、チリー・ゴンザレス、ピーチズといった同じカナダ出身のミュージシャンたちとは
個々のデビュー前からの仲間であり、その協調関係は今も続いている。
ファイストの大ヒット作 " The Reminder "、ジェイミー・リデルの" Multiply ", " Jim "、
ジェーン・バーキンの " Fictions "、パペットマスタァズ、ニッカ・コスタ...
などのプロデュース、参加作品などでご存知の方も多いことでしょう。

ring sounds からまもなく" Library Selection " がリリースされるミゲル・アトウッド・ファーガソン 、
モーゼス・サムニー、ジョーイ・ドォシク、ニア・アンドリューズ、
ケレラ(彼女が参加しているのはアルバム本編収録曲ではなく、ボーナスディスク収録曲。) 
など現在のLAのキーパーソンたち、
チリー・ゴンザレス、ファイストなど古くからの友人たちも参加していますが
ドラム、ベース、キーボード、ギター、フルート、パーカッションなど
主立った楽器はすべてモッキー本人が演奏しています。


0 件のコメント: