2016/04/26

『LOCKET』No.2


“『LOCKET (ロケット)』は主観的な真実を追いかける旅雑誌です。
ここには便利で最新な情報がなければ、WEBの集積から集めた絶景写真もありません。
そういった主語のないインフォメーションは遮断して、見えない風景に隠れた物語に想いを馳せ、一流の先輩たちの言葉に耳を傾けました。
旅をする、あるいは紙に刷るといった行為の意義はそこにあると、イマドキの若者なりに思うのです。”

http://snusmumriken.thebase.in/about

リトル・マガジン『LOCKET』が入荷しました。
上記の挨拶にある通り、「イマドキの若者」内田洋介さん(筑波大卒とのこと!)がつくる旅の雑誌です。確かに若い。甘い。だけれど、なぜだかぐっと惹かれる。それはきっと、内田さん自らの足で歩き、人に会い、あつめた言葉が刷られているからだろうと思います。この度入荷した最新号の特集は“徒歩旅行”。世界を歩く、というキーワードで編まれたなかで面白かったのはインタビュー2本。ルーカスB.B.、中渓宏一両氏のお話にはボクも思わず耳をそばだてました。その他の記事も、読みすすめていくのが楽しみです。

今号の販売価格は1080円(税込)です。トラベル・フォー・オウン・トゥルース。

***

LOCKET 02 BACKPACKING ISSUE
ロケット 第2号 徒歩旅行特集

--- --- --- --- ---

003 マニフェスト
005 目次
009 47000km
016 徒歩旅行特集
021 空から海へ (北アルプス)
034 ぼくのテント
035 森と山と水の果てに (屋久島)
042 山と街
044 ぼくのマット
045 編集長に会いにいく
(ルーカス B.B. / 『PAPERSKY』編集長)
052 ぼくのバックパック
053 アースウォーカーに会いにいく
(中渓宏一 / 『地球を歩く 木を植える』著者)
060 ぼくの映画
061 愛しのメンディー (アメリカ)
068 ラップランドが教えてくれたこと (北欧)
078 カミーノ前夜
080 君の宗教
081 歩禅
087 部屋からでずに冒険をすること
092 人間の心臓はひとつじゃない!?
095 第2回 ナチュラル・ボーン・ストレンジャー
(永瀬忠志 / 第10回植村直巳冒険賞受賞)

http://snusmumriken.thebase.in/

0 件のコメント: