2019/12/08

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER winter live 2019 −ご予約受付中!−

Artwork:tactsato 

"Sweet Night Dew,2019"

「にぎやかな冬の夜。暖まりに来てください。

日時:
12月8日 (日曜)
17時開場/18時開演 

会場:
LIVE HOUSE FROG
茨城県つくば市天久保1−6−7歌舞伎町ビルB1

出演:
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
yossy(vo,key),icchie(trumpet,etc),栗原務(Dr)
https://www.yossylnw.com/
TUCKER
http://tuckerweb.jp/info/
DJ Tomo&SPRA

飲食出店:

料金:
前売3000円  / 当日3500円 / 学割2000円 ※すべて要ドリンクオーダー(+500円)
E-mailでのご予約 : mojomojo.people@gmail.com (担当:植田)
件名を「 12/8ライブ」として、必要事項を明記の上、お申し込みください。
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナ表記にて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
• ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
• メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
• お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

企画:
PEOPLE BOOKSTORE 

***


Yossy little noise weaver
DETERMINATIONS、BUSH OF GHOSTSでの活動を経て、YOSSY(キーボード・ヴォーカル)とicchie(トランペット・トロンボーン)が2005年に始動したユニット。2005年 EGO-WRAPPIN’の中納良恵をヴォーカルに迎え1st.album『PRECIOUS FEEL』を発表。2007年2nd.album『WOVEN』、 2010年3rd.album『VOLCANO』をリリース。
それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Children、Ego-Wrappin'をはじめ様々なアーティストのサポートなどでも活動している。icchieは"Mr.Childrenヒカリノアトリエで虹の絵を描く”のメンバーとして2016-2017年のツアーにも参加。
https://www.yossylnw.com/

2019/11/12

『書をステディー 町へレディゴー』


意味はないけど滋味はある、笑えて学べて役立たない、「ロック漫筆」の集大成。安田謙一・辻井タカヒロの名バッテリーが、雑多な話題を広めのストライクゾーンへとお届けする、「白い名著」ここに誕生。

安田謙一・辻井タカヒロ『書をステディー 町へレディゴー』が届きました。
ロック漫筆家・安田謙一と、漫画家・辻井タカヒロによる新著。2010〜2019年の間に雑誌『CDジャーナル』に掲載された同名の連載と同じコンビによる「ロックンロールストーブリーグ」からの流れを汲む内容とのこと。と、「まえがき」がわりに冒頭に置かれた「お気づきになっただろうか」に書いてありました。とにかく、自分はこれからゆっくり読みます。読み終えないよう気をつけながら、読んでいきます。

販売価格は1760円(税込)。京都の書店〈誠光社〉からの刊行です。

「アナキズム カレンダー」2020年版



If I can’t dance,I don’t want to be part of your revolution.
もし、ダンスができないのであれば、私はその革命に加わりたくない。
−エマ・ゴールドマン

アナキズム カレンダー、2020年版が届きました。
テーマを「エマ・ゴールドマン 1869−1940」とし、アナキストとして生涯を貫いたエマ・ゴールドマンにまつわる図版、テキストで構成されています。「C.I.P BOOKS」の西山敦子、山口守によるコラムも収め、読めて使える見事な仕上がり。成田圭祐によるデザインもクールのひと言。

販売価格は1200円(税込)。さらなる詳細は「アナキズム文献センター」のHPでご確認ください。

『アナキズム文献センター通信』50号


『アナキズム文献センター通信』50号が届きました。
静岡県富士宮市にある「アナキズム文献センター」が隔月で発行している機関誌とのこと。11月30日に開かれる「今、自立と連帯を考える」シンポジウムに向けての呼びかけが本当に素晴らしい(呼びかけ人は高橋幸彦氏)。店頭で配布していますので、是非読んでほしいです。

2019/11/10

『Subsequence』vol.2


『Subsequence』のタグラインは「Arts & Crafts for the Age of Eclectic」。意味は「"折衷"時代のアーツ&クラフツ」です。世代/性別/人種/国籍その他にとらわれることなく、世界中の工芸と文化にまつわるトピックを幅広く取り上げ、また編集制作にも国内外の方々にスタッフとして参加していただく実験的なプロジェクトです。創造的な人生、文化的な暮らしに興味を持つすべての方々に向けてお届けします。
http://subsequence.tv/

『Subsequence』vol.2が届きました。
ファッションブランド「visvim」を展開するキュビズムが手がける雑誌、第二号です。編集長は井出幸亮氏。164ページ、オールカラー。260mm×372mmと大判なので存在感があります。

販売価格は4180円(税込)。通信販売も可能ですが、少しお時間を頂きます。

「POST NO BILLS POP UP」


東京を中心に活動するポスターアーティストPOST NO BILLSのポップアップが、11月8日より青山のカルチャースペース「MAT」にて開催される。アーティスト初となる今回のポップアップでは、メインビジュアルが落とし込まれたアパレル類や雑貨のほか、モンスターアーティストTOMASONとのコラボレーションアイテムがラインナップされる。

POST NO BILLS「POP UP 2019」
会期 2019年11月8日(金)−11月17日(日)  
会場 MAT (東京都渋谷区神宮前5-49-5 RハウスB1F)