2011/08/09

暴徒の歌。




遠い国では若者が暴れてる。
そこにある理由は、自分にはわからない。
あの衝動を、情報としては享受出来るけれど、身体では理解できない。
なにが彼らを動かすのか? 憂さ晴らし?  時代の風? ・・・わからない。
POWER TO THE PEOPLE! って一体なんなのだ。


でも、今はとにかくロンドンが気になる。
まずは調べてみよう。いろいろ聞いてみよう。見てみよう。


そこで、「もしもしロンドンだけど/LONDON CALLING」の名訳をつくった
@imissstandup 氏の新しい訳文を紹介しておく。
ランシドの“Hooligans”という曲。


///////////////////////////////////


(Rancid?... Jah love...) 
 ランシド? ジャーは愛したもう
Yeah!
Here's the new face of rock-n'-roll!
 ロックン・ロールの新顔参上!
It's about fightin' toe to toe... 
 人間と人間が面と向かって戦うことに付いての歌だ
Hard times come, 
 厳しい時代がやって来る
Yeah the hard times go.
 そうとも でもまた行っちまうさ
When I say, come one, come all. 
 俺がこう言う時 「さあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい!」

Well all the hooligans and rudeboys know one thing for sure,
 まあ暴徒やギャングがわかってるのは 唯一つのことだけ
Scars been stricken on their face
 ヤツらの顔は傷だらけ
Well all the hooligans and rudeboys know one thing for sure,
Scars been stricken on their face

One man's decision brings another's opposition completely unbound.
 一人の判断が 他の反対を招く 全く結びつくことはない
Down on the flats where the seaside meets my lonely youngtown 
 共同住宅で死んでく 海が俺の寂れたヤングタウンと出会うところ
Well all the rudies and skins well they're out on the streets making the way on the dole,
 そうルーディー共やスキンヘッド達が 通りに出て 失業保険を求めて急ぐ    
between the bottles and sex they smash and they wreck for something to live 
 酒瓶やセックスの合間 破壊の限り 生きる為の何かを求めて
Well all the hooligans and rudeboys know one thing for sure,
scars been stricken on their face. 
Well all the hooligans and rudeboys know one thing for sure,
Scars been stricken on their face

Sometimes you know there's no place to go, but to a long life of crime. 
 時々 お前にも分かるだろ? 行き場がねえ 長い犯罪人生のほかは 
Yeah, but it's so wrong to steal, someone's very last meal to profit up a dime.
 だが盗みは間違ってる 僅かな硬貨を儲ける為に 誰かの最後の最後の食事まで
Your poe poes and greys well they end up in jail gonna swing the cowboys
 お前を追うオマワリや灰色服のギャング共 ヤツラはムショ行き カウボーイ達と一戦交える
Well you took a bite outta the apple of decision that got ya there boy. 
 そうお前をそこへ来させた決断から 禁断のリンゴを齧っちまったんだ 坊や

Hooligans and rudeboys, I don't want no racial hatred
 人種間の憎しみなんか要らねえ

"Black and white, who are portrayed without bias
 黒人と白人  偏見なしの姿
These are the people whose voice I want to be..." 
 この人々は 彼らの声に私がなりたいと願う人々

I said the hooligans!
Rancid
 鼻を突く
Rudeboys!
Rancid
 腐ってる
Hooligans!
Rancid
Rudeboys!
Rancid

0 件のコメント: