2009/12/24

PEOPLE'S FACE



 

先日のCar boots saleで買った古本、
上から作者と作品名を挙げると・・・
・Milton Glaser /'Dylan' (1966)
・Kenneth Dearoff & Paul Davis / 'The spirit of Che lives in the new Evergreen' (1968)
・Black Panther Party / 'You can jail a revolutionary but you can't jail the revolution...' (1969)
うーん、全部60年代なのだな。
どうしようもなく政治的で妙に力強いんだよな。
こんな風に時代性が思いっきり出てるポスター集、眺めてるだけで燃えてきます。
'PEOPLE'でもこういった雰囲気でチラシをつくりたいね。

***

ちょいとフライヤーについて考えてみる。
あれって単なる宣伝行為なんだろうか・・・。いやいや! それだけじゃない。
紙ペラ一枚が、とある催事の主張・色の発表であり、シンボルのはずでしょう。
なんて言うと重いかな。

もちろん軽くていいんだけど、
というかポップであるべきなんだけど、
ただ“可愛い”とか“お洒落”なのじゃ嫌じゃ。

なんとなく引っかかる工夫と演出。
主張がズドンとわかりやすく。色んな方法があるだろな。

その点、ITAZURA周辺の才能は面白い。
スピード感がたまらない。10分でチラシが出来ることもある。
完成度は低くても、配り方しだいでは立派な役目をこなすんだ。
その辺いろいろ話したい。 

どうぞよろしく。

0 件のコメント: